英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

オススメのTOEIC対策本。試験問題に一番近いTOEIC問題集はどれ?

【TOEIC対策本はどれを選んでも同じか?】

TOEICを受けるための準備としてもっとも大切なのが、「本番に近いかたちでトレーニングする」ということです。何の試験でもそうかもしれませんが、TOEICではこのことは特に当てはまるでしょう。

なぜなら、(1)TOEICは試験問題を持ち帰ることができない。英検のように過去問も公表していない。したがって自分の記憶力と、TOEICに類似した参考書や問題集で対策するしかないということです。

そして厄介なのが、(2)TOEICの関連書籍が多すぎるということ。どれを選んでもいいとは言えないこと。
TOEICの参考書を選ぶときには少し注意が必要なのです。実はTOEICとは名ばかりで、まったく実際の傾向を無視して作られている問題集もあるということをご存知ですか…? 「TOEICではこういう問題は絶対に出ないだろう」いうのも中にはあるのです。

ですから、本当にTOEICを研究して出されている方の本でなければ信頼できません。

今回はTOEIC対策本のオススメを紹介します。


【本物のTOEICに近い参考書】

と言っても、初めて受験される方などはどの本を選んでいいのかわかりませんから、今回は問題集と単語帳をそれぞれ2冊、定評のあるものをご紹介します。

(1)TOEIC 公式問題集

TOEIC運営委員会から出ている公式問題集です。本番のTOEICと同じ形式、同じようなフォーマット&サイズで書かれており、初めて受験される方が「TOEICってこんな試験なんだな」と把握するのにちょうどよいです。得点を気にせず、まずは受けてみたいという方にはぜひおすすめです。
しかし、一番の利点はどのレベルの受験者でも必ず役に立つことです。巷には様々な得点アップ本が出ていますが、すでにハイスコアを持っている方でも、本番に最も近い問題集でのトレーニングが無駄になることはありません。
これを本番同様に時間を計って解いて、「TOEICとはどういうものか」「自分の今のスキルがどの程度通用するのか」という感覚をまずは掴んでください。

問題集を1つ決めたら、英単語帳も必要になるでしょう。単語帳は自分の性格や記憶方法を考えて、それに合わせて選ぶとよいと思いますが、TOEICに「出る」単語を扱っているのはこちらです。

(2)TOEICテスト 出まくりキーフレーズ

効果・即効性という意味ではこの一冊です。ここに記載されているフレーズは実際のTOEICでも耳にします。フレーズと日本語訳だけが出ている非常にシンプルな作りで、覚えるのには自分なりの工夫が要りそうですが、スコアアップには貢献してくれそうです。この本の場合は、ただ読むだけではなく、付属のCDを毎日聞くことで効率的にフレーズが定着すると思います。特にリスニングには一躍買ってくれるかもしれません。

【実際のTOEICに似ている対策本で練習しよう】

冒頭にも述べたように、TOEICの傾向から大きくずれている問題集でトレーニングしても無駄になってしまいます。ぜひ、参考書選びは慎重に。周りでハイスコアを取った人におすすめを聞いたり、レビューを参考にして、その上で自分に合いそうなものを選ぶといいかもしれません。ここに挙げたのは一部ですが、多くのTOEIC受験者に支持されているものです。一度書店でチェックしてみてください。