英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

日常的に英語に浸るのがリスニング力アップの早道。海外ドラマや洋画で英語耳を作ろう

リスニングが大の苦手だった私の経験から言うと、リスニングはとにかく聞くことです。よく言われることですが、身をもって実感しました。以前の私はリスニングの量が圧倒的に足りなかったのです。

では徹底的に勉強すれば伸びるのか? しかし、わざわざ高い教材を用意する必要はありません。巷で噂のリスニング教材や、試験対策問題集に手を出さなくても、もっと楽しく経済的に学習することができます。
リスニングは特に、「勉強」としてではなく、「遊び」感覚でできそうなものがおすすめです。なぜなら、日常的に聞くことを習慣にする必要があるからです。


海外留学をした人はお分かりのように、帰国した時には難なくリスニングができていますよね。しかし、しばらく時間がたつと「最近英語力が落ちてきたなぁ」と思い始めませんか?
これは実際に何人もの留学経験者から聞いている言葉です。

言語は生き物なので、一度「身に着いた」と思っても、やらないでいると衰えてしますのです。ということは逆に、聞けば聞くほど英語力はアップするということでもあります。日本にいてもまるで英語圏にいるかのように、なるべく多くの時間を英語のリスニングに充てることで格段にアップします。

【海外ドラマが一番いい理由】

では、日常的に楽しく聞くためにはどうしたらいいでしょうか?
具体的には洋画、海外ドラマ、動画がおすすめです。もし定期的に機会が持てるという人は、英会話のレッスンやイングリッシュ・スピーカーと話すことももちろん役立ちます。しかし、洋画、海外ドラマ、洋楽などは一人でも気楽に続けられる娯楽です。忙しくても空いた時間で楽しむことができます。

なかでもおすすめが海外ドラマを見ること。これにはいくつか理由があります。まず、シリーズなので、毎日続けて見たくなること。次の展開が気になって、つい見入ってしまいます。次に、スケールの大きな映画と違って、日常を描いたものが多いので実際の英会話にも役立つこと。使えるボキャブラリーが身に付きます。

そして、最後に最も大事なのがこの点です。学習用の教材がクリアな発音でゆっくりと聞き取りやすいように読み上げられているのに対して、海外ドラマや洋画はとにかく早口で聞き取りにくいということ。登場人物が時に感情的になったり、街の騒音の中で会話をしているので、こちらの聞き取りやすさなどはお構いなしです。その分、耳が鍛えられます。
最初は何を話しているのかまったくわからずイライラするかもしれませんが、一度これに慣れてしまうと、TOEICのリスニングでさえゆっくりスピードに感じられるほどです。

【急がば回れ】

普段あまり英語を使うことのない環境で、リスニング力を維持するのは努力が必要です。帰国子女や海外留学経験者でさえそうなのですから、私たちはより一層意識して取り組んでいかなければならないでしょう。

しかし、今日では英語を楽しむための様々なツールが用意されています。勉強として聞くのもいいですが、ぜひこの際にお気に入りの一本を決めて毎日の習慣にしてみましょう。

まずは一か月続けていると、次第に聞き取れる語彙が増え、劇的な変化に驚くことになるでしょう。