英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

TOEICと英会話の勉強はどちらを優先するべきか?TOEICは日常会話には向いていない

 TOEICで高得点を取っても英語を話せない人はたくさんいる。英語を話すことができるのにTOEICの点数は低かった。こんな話を聞いたことはありませんか?
 この話はどちらの勉強もした人もしくはどちらかをしたことがある人しか理解できない内容かもしれません。

 ではなぜこういわれているのかを考えてみて、どちらの勉強をすべきなのかを吟味してみましょう。



 まずTOEICの勉強といえば、レベル問わずしなければならないことが基礎文法を覚えることです。それができたら長文を読めるようにしたり、単語を覚えることなど、することはレベルに応じて異なります。

 ではなぜTOEICで基礎勉強をしているのに会話ができないのか。それは簡単に言ってしまうとTOEICの勉強で口を開くことがまずないからです。文字が書けたから話せるなんていうのは大間違いなのです。そして決定的に違うのはTOEICの問題は1つの問いに対して答えが一つなのに対し、人との会話というのはあらゆるパターンがあり、それを瞬時に返すということが繰り返されます。つまり、問題を解くように考える時間というのは無いに等しいです。

 つまりは英会話は英会話の勉強=話すということをしない限り、どれだけ筆記の勉強をしても話すことができるようにはなりません。

 そしてTOEICができて英会話ができない決定的なこととしては、TOEICはビジネス英語であり、日常会話ではないということです。

 わかりやすく説明すると、海外に住んでいる英語圏の子どもたちが問題もなく毎日英語で会話をしています。そんな子どもたちがTOEICの問題を解いたら何点とれるでしょうか。毎日ペラペラ英語を話している子どもでさえ、TOEICの単語はほとんど聞いたこともなく、何の話をしているのだろうと思う問題ばかりです。

 つまり英語を話している人とビジネス英語を使う人は状況が違います。日本人が勉強しているTOEICはあくまでもビジネスで使える英語のレベルを図ることがほとんどの企業の目的であり、その企業のためにしている勉強になります。

 日常会話の問題ではなくビジネス英語の勉強をしているのであれば尚更英会話は遠のく結果となります。しかし、ビジネス英語であっても英会話であっても基礎は同じです。TOEICで勉強してマスターした基礎を会話の勉強に繋げていけば英会話ができる日は遠くないでしょう。

 では英会話ができてもTOEICの問題ができないというのはどういうことでしょうか?
基礎が同じであれば会話の英語をTOEICに結び付けられるのではないかと思うかもしれません。

 TOEICは文法通りに必ず解かなければならないのに対し、日常会話というのはどうでしょうか?
日本語で考えてもわかると思いますが、話す相手、内容、状況によって必ず主語、述語、動詞をきちんと並べた会話をしているでしょうか。
 英語も同じです。疑問文の場合基礎文法では Do you go to~となる文も会話ではYou go to ~のようにDo から始めない場合も多々あります。会話は略語も多く、TOEICでのリスニングのように規則正しい文章とは異なった話し方をします。

 このように英会話と資格の勉強とでは同じ英語の勉強であっても大きく内容が異なります。
 どちらが良いとか正しいとかではなく、自分がこの先に英語でどうしたいのかによって勉強方法を考えて行えばいいだけの問題です。企業に入るためだけであればTOEICを勉強したらいいですし、この先海外赴任を考えているなら両方しなければならず、海外旅行に沢山行きたいのであれば英会話を勉強したらいいのです。

 自分にあった英語の勉強を見つけるところから考えてみましょう。