英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

TOEIC・英検の単語の勉強のやり方。効率よく英単語を覚える方法とは

まずTOEICで最も重要ともされる単語の勉強の仕方について書きたいと思いますが、
ただ単に単語を覚えるといっても様々な勉強法があります。

一番多いのは単語本を購入して覚えていくか、最近では携帯のアプリで単語を覚えるという方法かと思います。



単語本のメリットとしては自分のわかる単語とわからない単語とをしるしを付けることで一目瞭然にし、わからない単語を本のページや位置で把握することで、記憶を確かにしていきます。
どこに載っていたという記憶がよみがえることで、思い出しやすくする効果もあります。
デメリットとしてはいつも持ち歩かなければならないことで、場所をとったり、かさばったりし、勉強すると決めている時以外に身近に本がないことです。

 スマートフォンの携帯アプリでは、無料で使用できるTOEIC単語のアプリも多く、手軽に始めることができます。ちょっとでも空いた時間にもすぐに見ることができ、勉強時間以外にも手軽に1つだけでも単語を覚えたりすることができます。
デメリットとしてはどこにどの単語があったかがわかりづらいものも多く、その場で覚える単語としての記憶となり、瞬時に自分の知っている単語とそうでない単語の把握がしづらいことです。
もちろん有料であればそのようなデメリットを取り除いてくれるものもあるのかもしれませんが、本との違いはどこに載っていたかという記憶の思い出し方ができない点であると思われます。

 上記2つは単語を何を使って覚えるかということでしたが、実は単語の覚え方にもコツがあります。
2つの方法はあくまでも単語を何を使って覚えている場合が多いかという例ではありますが、実は単語本やアプリなどにある「単語」だけを覚える勉強法は効率が悪いのです。

 「単語」を覚えるのに「単語」の本やアプリを使うのが効率が悪いとはどういうことだろう?と思われるでしょう。

 実は単語は単語1つで覚えるのではなく、その単語を使った文章で覚えた方が断然効果があります。
 
 例えば簡単な例で言うと、takeという単語を覚えたい場合、単語帳であればtakeは「取る、獲得する、取り入れる」など様々な意味が書いてありますが、その日本語訳を覚えても、そのtakeがいつどのような状況で使われる単語なのかは意味を覚えただけではわかりません。
 しかし例文で覚える場合としては、I’ll take this food. という文でtakeを覚えた場合は、この食べ物を取るもしくは食べるという意味で覚えることができ、どういう時に使うのか、そしてそれが動詞であること、そのあとには名詞がきていることなど一文だけでも得られる情報は様々です。
 
 「単語だけ」の問題が出てくることがないTOEICテストでは文章での使い方を覚えていれば、選択肢から単語を選ぶ問題や長文などやリスニング問題さえ、様々な問題に対応ができるようになります。
 
 日本人はどうしても中学生時代に始めて英語を習いだした時に、教科書に出てくる単語を覚えるくせを習得してしまっているので、単語だけを覚えがちですが、文章で覚える習慣をつけることで、問題を解いた時にもそのくせがつくようになり、出てきた問題の単語として覚えることができます。そうすることで、どういう時にその単語がつかわれていたかシチュエーションで覚えることができるので、単語が記憶に残りやすくなります。

 単語を覚える時には単語の意味ではなく、文章で使い方を覚える習慣をつけることで、TOEICの単語苦手意識も減り、点数アップにもつながりやすくなります。