英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

海外にあるTOEIC専門学校の紹介。カナダで現地の講師に英語を教わろう。

 独学でTOEICの勉強をしてみたものの、やり方がわからない、どうやってスコアを伸ばしていいかわからないなど、息詰まる時もあるかと思います。

そんな時TOEICを習ってみたいと試みる人もいるかと思います。日本でTOEICを本格的に習ってみたいという方も多いと思いますが、多くの英会話スクールなどで行っているのは週1,2回のレッスンだったりします。週1,2回の1回1時間程度のレッスンでは正直自宅でよほど勉強しない限り、伸びるのには年月がかかります。

 そんな悩ましい問題を解決する一つとして、カナダにはTOEICの専門学校があります。
バンクーバーには2校あり、それぞれが数百点アップや満点取得へと向けた授業を行っております。
まとまった時間ができる場合にはTOEICの得点を上げるべく、いっそのことカナダまで行ってみてもいいかもしれません。日常では英会話を取得し、学校でTOEICを学び帰国したほうが、コツコツ長期戦で勉強するより早いかもしれません。

 今回はその2校のご紹介をいたします。



まずは 「99 Institute(ナインティーナイン インスティチュート)」です。www.99institute.com

99ではとにかくスピーディで無駄のないレッスンを行います。1分1秒も集中力を切らせないようなそれくらい1つ1つを丁寧にじっくり学ぶことができます。
ワークショップも行っており、単発的に学びたい内容の時に参加することもできます。

教材もオリジナルのものを使用しており、他と被ることのないレッスン内容となっております。
カナダではありますが、日本人を対象としたTOEICの学校ですので、日本語でレッスンを行うため、せっかくカナダにいるのに日本語で?というミスマッチさも感じるかもしれませんが、日本語だからこそ細かいところまで理解ができるのです。この学校にいる間の時間はカナダにいるということは忘れてTOEICを伸ばすということに重点を置いてみてください。

 講師も満点保持者が教えており、その満点は1回だけではない確実なスキルを持った方々なので、パーフェクトな方に教えてもらえることは信頼にもつながります。

 こうして講師も受けていることから、確実に試験対策を行う努力も見受けられます。
 
99では無料セミナーや奨学金制度も採用していることから、まずは学校に入ることに躊躇している場合でも気軽に参加できる切り口があります。

 そしてもう1校が Able English Studiesです。

www.ablees.com


Ableの校長先生は本も出版しており、とてもわかりやすい解説をしていただけます。
リスニング問題はネイティブの講師が担当をしており、それが良い点でもありますが、TOEICのスペシャリストというわけではないので、「リスニング」に関しては完璧ではありますが、「TOEICのリスニング問題」のコツや弱点を教えてもらうというのには少し不自由に感じるかもしれません。しかし、せっかくカナダにいるのだからネイティブと関わりたい、ネイティブにも教えてもらいたいという方には最適だと思われます。

 99と比較するとのんびりと穏やかな感じもありますが、どちらが合ってるかはそれぞれだと思いますので、体験レッスンを受けてみるのもいいかもしれません。

 TOEICの専門学校でどっぷりとTOEIC環境に入り、一気に点数アップの方法のご紹介でした。