英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

TOEIC800点から900点以上に伸ばす勉強法とは?TOEIC満点を目指す人向けのTOEIC対策

 TOEIC800点を越した辺りから何度受けてもTOEIC900点にならない、または900点越したのに満点まで中々いかないという人に一番多いミス、つまり足りないところ、それは単語力の不足という場合がほとんどです。

 TOEIC800点を越えてるということは文法は完璧に近い位あってるということになります。文法があいまいで800点を取れているのならそれは一時の力にしか過ぎず、受けるごとに点数が大幅に変ってしまいます。
 そして800点を越えてる人のほとんどがリスニングは満点に近い点数という場合が多いです。

 今回はリスニングはほぼ満点なのに合計点が足りない、つまりはリーディングの点数が伸び悩んでいるという方へ向けての記事となります。



 英語の文法はいくら問題が変わっても変わりません。
基礎(文法)は同じなので、問題を解くにはどれだけ応用力があるかということになります。

 しかし出てくる単語というのは毎回変わります。
必ず知らない単語が出てきます。それが多いか少ないかで点数の差がでてきます。
あと100点なのにということはその100点分の単語力が不足をしているのです。

 なんで高得点なのに中々点数が上がらないんだろうという人はまずは単語数を増やす努力してみてはいかがでしょうか?

 しかし単語力を増やすといっても何をしたらいいんだろう? と悩むと思います。

 とりあえず単語本を買ったり問題集買ったりして解いてる人がほとんどではないでしょうか?それももちろん大切です。
解いているうちにこの単語はよくみるということにも気づいてきたりするので、その場合は自分で単語帳を作ってみてもいいと思います。

 しかし問題になれ、文法も理解しているなら問題集は簡単に感じてしまうかもしれません。知っている単語もよく見かけてきて新しい発見が減ってしまうかもしれません。

 そこで一番単語力を増やすのに適したお勧めの勉強法は英字新聞を用いた勉強法です。

英字新聞は最新の記事が載っていることから、自分の知らない情報を読むことで必ず知らない単語が入ってきます。その都度知らない単語を調べ、それをまとめていくとオリジナルの単語帳が完成します。この単語がTOEICに出るの?と思うような単語も知っておくと、それにつながる単語の勉強になります。

そして毎日読むことで英文を早く読めるようになります。その速読がリーディングセクションにはかなりの重要性を占めます。
特に最後の長文問題はかなり時間を取られる問題でもあるので、そのセクションが早く読めるようになると相当な時間余裕となり、考える時間、落ち着いて問題を解く時間となります。

さらに英字新聞を読むことは英語の力だけでなく、普段読まないような記事も読むことで知識が増えます。知識が増えることがTOEICに直接関係ないとしても、TOEICで高得点を狙うということはそのあと英語で何かをするということに繋がるので、大いにその知識は役に立ちます。

英字新聞はネットでも手に入るので新聞が邪魔という方は携帯から英字新聞を読んでみてはいかがでしょうか。