英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

中学レベルの英文を音読するとメキメキ英語力がつく理由。英語を話したいなら音読で学ぼう

英語がはなせるようになるために必要な「音読」

TOEICで中級レベルの点数は取れているのに、英語を話すことができない…
というお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

TOEICで点数が取れていることは「英語の読解力があること」への証明にはなりますが、英語を「話すことができる」ことへの証明にはなりません。

なぜかというと、TOEIC(公式テスト)にはアウトプットの要素がないためです。

英語はインプットだけでは話せるようになりません。

「インプット」と「アウトプット」の両方をしないと、するすると口から英語がでてくることはないのです。

ではアウトプットにはどのような勉強法が有効なのでしょうか?



【中学レベルの英文を音読する】

英語を読解するためのチカラと英語を話すためのチカラ、使う頭の筋肉は異なります。
英語を話すための筋肉を鍛えるためには、音読が有効であると筆者は考えます。

音読は「文の意味をイメージしながら」
「耳でインプットしつつ」「口でアウトプットする」ことができる、とてもお得感がある勉強法のためです。

チカラを鍛え始める学習者には、中学レベルのシンプルな英文を音読することが望ましいでしょう。

難しい英文でなくあえて簡単な文を音読する理由は、文の丸暗記にはあまり意味がなく、またたとえば前置詞「at」を使うのはどのような場合か、というイメージを簡単な文を通じてイメージを得るほうが結果的に英語力向上に結びつくためです。

【おすすめ本は「毎日の英文法」】

シンプルな英文が掲載されている本はいくつか存在していますが、筆者のおすすめは「毎日の英文法」です。


文法項目毎にその文法事項(例えば現在形、疑問文)を「イメージ」として認識するための解説があり、その文法項目ごとにまとめられていること、使われている英文もシンプルで自然な英文であること、を挙げることができます。

また、CDはついていませんが、音声のダウンロードが可能です。
※英語の学習において、基本的に音声のヒアリングは必須です。

【筆者おすすめの勉強法】

最終的には暗唱できるようになるまで音読を繰り返すことが目標です。
(暗唱といっても、文丸覚えにならないように気をつけましょう)

ただし、いきなり音読から入ってしまうとイントネーションや発音が自己流のまま覚えてしまう可能性がありますので、音声ダウンロードのうえ、正しいイントネーションおよび発音を真似て音読するようにしましょう。
シャドーイングがおすすめです。

正しいイントネーション・発音が理解できたらゆっくり、確実に、ねっとりと英文を読みます。

これを何度も繰り返し、(本では6ターン読むよう日付を入力する欄があります)頭に文の意味を叩き込みつつ、口頭で英語を話す練習を行いましょう。

【高速音読のすすめ】

音読を何回か繰り返すことができたらぜひ「高速音読」にチャレンジしてください。

「高速音読」とは、自分ができる最速の速さで音読をするということです。

「高速音読」を行うときはイントネーションや発音は多少犠牲にしてもやむを得ませんので、「高速」で音読をするようにしてください。

「高速音読」のメリットは「より強力に文の意味を頭に刷り込むことができる」です。
「高速音読」を行いながら読んでいる文の意味がイメージできれば、その英文がほぼあなたの頭に「イメージ」として「インプット」されているはずです。

【まとめ】

いざという時に口から出る言葉は、はなし慣れた言葉、自分の頭に定着されている言葉です。

音読を通じて英文をどんどん自分の頭に定着させてしまいましょう!