英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

ビジネス英語初心者向けの勉強法とおすすめ参考書。ビジネス英語は簡単に学ぶことが出来ます

f:id:moguhausu2:20150525122710j:plain

ビジネス英語、はじめの一歩のための勉強法!

ビジネス英語と日常英会話、どちらが難しいでしょうか?

 ビジネス英語>日常英会話

だと思われていませんか?
実は逆だと思います。

ビジネスの種類・専門性にもよりますが、ベーシックなレベルにおいては

 ビジネス英語<日常英会話

であるのではないか、というのが筆者の感想です。

その理由とビジネス英語の勉強法を説明していきますね。



ビジネス英語は明確な言い回しが多い

「ビジネス英会話」は誤解なく、コミュニケーションを確実に取る必要があるため無駄に難しい表現を利用しないのです。

またそれにひとつの業務において使われる英語の範囲は日常英会話全般に比べると狭いものであるため、ある程度「よくある表現」を覚えてしまえば、とりあえずの第一歩を踏み出すことができます。



そうはいっても米国や英国などの英語圏ではかなりの英語スキルを求めらると言われています。
外資系や外国でのキャリアを求めるのであれば、最初の一歩は英語が第二外国語の国で始めるのがよいかもしれません。

【よくある表現をおぼえるために】

筆者はよくある表現を覚えるには

「ダイアローグでパターンを覚える」
「ある表現とそれに関連した表現を覚える」

が有効であると思います。

それぞれでおすすめ本をご紹介します。

ダイアローグで覚える:英会話ペラペラビジネス

関連した表現で覚える:本気で鍛える英語

上記参考書には暗記すればすぐに使えるビジネス英語のフレーズや、応用が効く言い回しなどが豊富に含まれています。
これらの参考書をざっと一回やるだけでも、ビジネス英語のレベルはぐっと上がりますし、ビジネス英語を組み立てるコツを身体に覚えさせることが出来ます。

さっそく、これらの参考書を使った勉強法のポイントを紹介します。

【英会話ペラペラビジネスの勉強法】

英語のリスニングに自身のない方はまず本を読み、本を見ながら付属のCDを聞きましょう。
何度も聞き、お馴染みの表現として自分自身に定着させましょう。

また、音読を繰り返し、本に書かれていることを「まるごと覚える」のが良いと思います。

また、上記参考書には各POINTと、コラムが掲載されています。

より「洗練された」「失礼にあたらない」
英語表現のためになるヒントがたくさん書かれていますので、これにも必ず目を通してください。

【本気で鍛える英語の勉強法】

この本はまるごと覚えることができればよいのですが、少し厚めの本ですので難しいでしょう。

ひととおり目を通し、どんなことが書いてあるのかをざっと確認し、手元においておき、辞書がわりに使うといいと思います。

例えば

「変動為替相場制、英語ではどう表現するのかな?」

などと疑問に思った時にこの本を開き確認しましょう。

なお、筆者がこの本を気に入っている理由のひとつに、「語源で覚えるビジネス英単語」があります。

英単語を覚えるアプローチのひとつに「語源で覚える」「語源を覚える」があります。

語源を知ることにより、単語の意味とアルファベットのつづりとに相関性が生まれるのでより英単語を覚えやすいというメリットがあるのです。

【より洗練されたビジネス英会話のために】

以前NHKビジネス英会話の講師をされていた関谷英理子氏の書籍もかなりおすすめです。

何かを伝えるというときに動詞「share」を使うとよいなど、よくビジネスの場で利用される洗練された表現が紹介されている本をたくさん出されていますので、ある程度勉強が進んだら洗練された英語表現取得のためにとりいれてみるいいかもしれません。

【まとめ】

筆者通常「まる覚えではなく意味をイメージしながら取り入れる」方法をおすすめしているのですが、ことビジネス英会話(基本レベル)取得においては「習うより慣れろ」が有効ではないかと思っています。

ベーシックな言い回し表現をある程度取得できたら自分の業務を英語で説明するなど、ご自身の仕事関連の表現を書き溜めておくといいと思います。

ビジネス英語の取得とともにライティングの練習にもなり、一粒で二度美味しい勉強になりますよ。

関連記事

 外資系企業への転職や働く上でのメリット・デメリットについて特集しています。
 下記の関連記事を参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

www.hazimetetensyoku.com

www.hazimetetensyoku.com