英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

英語のビジネスメールで使える感謝の表現。英語で「ありがとう」を伝えるための言い回しとは?

貿易事務でのコレポン等、外国人とEmailで仕事をお願いするとき、どのようにお願いしますか?

たとえば見積もり発行を依頼しても一週間放置にされた…
船積み予定日が近づいているのにドキュメント類が送られてこない…

相手も自分も日本人で自分が顧客の立場だったら
「お前のところはどうなっているんだ!早くしろ!」と
怒り気味で連絡をいれることもあるのではないでしょうか。

それを外国人相手にやってみたときに、どんな反応が返ってくるでしょうか。
ちょっと想像してみていただけますか?



【日本人と外国人の「顧客」の考え方の違い】

上記のような高圧的な態度で催促をした場合、
日本人のように「まずい、お客様が怒っている、なんとかしなければ!」
と反応する人、お国柄もなかにはあるとは思うのですが
筆者が過去に仕事していたケースでは逆に相手が(高圧的な態度に対して)怒り、
交渉がうまく進まないケースが多かったです。

どうやら「お客様は神様です」というのはグローバルスタンダードではないようです。

【おだててお願いする】

そこで有効な方法は「ありがとう」「感謝します」という気持ちを伝えることです。
「あなたが素早く対応してくれることに感謝します」というふうに伝えるのです。
具体的な例文はこうです。

Your prompt response is highly appreciated.

急いでいて確実に対応してほしいときのとっておき表現です。

【いつもお世話になっておりますは英語でどう表現するのか】

Emailで取引先や協力会社にEmailをするとき、
「お疲れ様です」「いつもお世話になっております」をそのまま英文に訳すのは違和感がありませんか。

とくに協力会社などすこし近い関係にある相手には下記の表現がいいと思います。

Thank you for your usual cooperation.

【些細なことでもありがとうを伝える】

Emailに添付ファイルをつけたので確認してください、あなたならどう表現しますか?

Please see the attached files.

がすぐに思い浮かぶかたも多いのでは?

もちろん間違いではないですが、
下記表現のほうがこなれた感じがしていて個人的には好きです。

Kindly find the attached files.


ちなみに、特に東南アジアではこういう英語が使われることがあります。

Please kindly find the attached files.

Please とKindlyのダブル使いですね。

これは少し違和感がありますので、Please かKindlyかどちらかを使うようにしましょう。
どちらも「どうか〜」という意味になります。

Kindlyはとても便利な表現で、
これをつけるだけで「どうかよろしく」の意味が加わります。

ただし一つのメールでKindlyを多用するのはナンセンスです。
ほかのありがとう表現に置き換えて利用するようにしてください。

【まとめ】

ここまで読まれた方は「ずいぶんとありがとう」という表現を使うのだな、
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなんです、英語ではありがとうという気持ちを伝える表現がいくつかあるし、
それを使うことがスタンダードになっているように思います。

ありがとう表現を惜しみなく使って、
ビジネスを円滑にすすめていきましょう!