英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

ビジネス英語を学ぶなら英字新聞が最高の教材になる。新聞には必須のイディオムがたくさんある

今回はイディオム勉強法をご紹介したいと思います。イディオムの勉強とは何か?要するに、動詞と前置詞をセットで覚えなくてはいけない事、マナーや言い回しの事です。

例えば、会話の中、小さな子供の話し方って、歯抜けの様な言葉の羅列が多いと感じた事はありませんか?言語を使う方法とは、単語と単語を選択して合わせる際、経験で自ずと身につけてきたものだと思います。

大人になっても、言いにくい言い回しをメールなどで見かけることがあります。
例えば、語尾を強調する話法の実際は、話手の気持の方が言葉の選別や伝え方より優位になります。子供とは全く逆です。子供は中々うまく話せない、伝えられない事で苛立ちを隠せません。だから子供の話には耳を傾け、成長を楽しみにします。

日本では、多分小学生位から新聞を読める様になります。日本語は政治などで、決まって使われる言葉同様、新聞には難しい表現が多く見られます。逆に英国の新聞では、分かりやす単語を選択する事が実施されています。
英字新聞は、200円程度から買えます。読み応えはたっぷりあり、リーディングやイディオムの勉強にも有効な手段であり、実践的にイディオムを覚えるのに、適していると思います。




私の場合、読みながら、知らない単語とイディオムに蛍光ペンでマークしては、辞書で調べていました。明らかに記事にはライターの名が記され、信憑性のある内容です。レポートや論文作成時、フットノートやコピーライトの参照をつける意識も養われました。

しかし、新聞は他の読み物とは違い、難しく感じた事もあります。事故や事件、政治や経済は案外理解しやすいです。スポーツに至っては、単純明快です。しかし、文化欄は難易度が高く、範囲が広い為、私にはかなり大変な勉強に感じました。知らない単語や予想しにくいのも文化欄です。また、知らない単語が多いニュースも有り、努力すれば、単語力も少しづつ上がります。しかし、TOEIC・TOEFL・IELTSで良い結果を残すには、専門の参考利用をお勧めいたします。

参考書の良い点は、監修されており、目的にダイレクトに結びつきます。知識として必要な単語がそこに掲載されています。後は、懸命に覚えましょう。私の場合、英国英語を教える学校でIELTS対策を受講しましたが、IELTSとTOEFLでは、IELTSの方が、伸びが早くみれました。入学半年前でやっと、入学条件を満たし、準備に時間を持ちました。

ビジネス英語やTOEICを学ぶ方こそ、英字新聞の経済は分かりやすく、現実的に理解出来なければいけない範囲だと思います。取引や商談で一般的によく使われる、時勢英語を体得して下さい。

クライアントの方は、あなたが外国人でも容赦なく、自分に与えられた使命を全うします。
相手のニーズを予測し、対応や準備をしておくと、的確に問題点を早い段階で解決できます。英語であっても、後でのつじつま合わせでは、相手は納得しません。是非、ビジュアルツールやアナライズ、データを駆使して提案して下さい。先ずは、相手にリラックスしてもらい、理解度や興味への反応を見ながら、商談をリードしてゆきましょう。