英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

留学して英語でコミュニケーションがとれると世界が広がる。英国留学で学んだスピーキング

さて、スピーキングのセクションの対策は人により、底上げするポイントが異なりなります。
私は学生時代、学校以外の人々と話す機会がたくさんありました。

実は、中学生と高校生の頃、英語の授業が好きではありませんでした。
しかも英語の成績は普通。しかも、英語の授業では明るい色素や骨格と薄い唇、英語の音読や舌ったらずの発音までも、共に皮肉られたものです
。スピーキングが苦手なのではなく、英語と言うと何かしがらみがあるなら、ひとまず、置いてコミュニケーションを取りましょう。試験では苦手な表現は使わず、話される内容を選択しましょう。

IELTSのスピーキングセクションはジョブインタビューではありません。話の信憑性ではなく、どんな場面で話せるか、話せないが判定です。



日本人学生は非常に珍しく、目立ちます。特に、私の場合、入学当時から、何処から嗅ぎつけたのか、家族は英国人だが『君は日本育ち!』、『発音が何か違うよ〜』などと、遠くからも近くでも英国の男子学生にからかわれたものです。初めての英国での意地悪にメソメソしては、先輩や近くに住む家族に悲しみを打ち明けていました。一般的に日本人は経済が盛んな国であり、豊かなイメージで好感を持たれます。

そうです、英国人にとって外国人のスピーキングは面白く可笑しいのです。
欧州では英国人とトレーディングをする為、英語を話し初めたとも言われる位、多くの欧州人が仕事を求めて、英国にやってきます。美しく話せる人もいるでしょう。しかし、知人で、日本人の母親を持つ英国人達は、日本語の訛りがあり、特別に勉強し直す事か多い様です。私は家族総出で英国の子供たちと話すには、気をつけて訛りを聞かさない約束をしていました。

しかし、誰しも好きになると、発音など気にならなくなります。好きな人が話す言葉を聞くのは、とても幸せな事であり、代え難い喜びとなります。気負わず、相手が心地良いコミュニケーションを心がけて下さい。
外国映画や駅で見る、お菓子の自販機が学校にはあります。時々詰まって立ち往生していると、たまたま通りかかった男子生徒が、叩きだきしてくれたりと、生活でも心配はいりません。しかも彼は、親切をしながら、謙虚に恥ずかしそうに屈んだ身体を起こして、こちらをみていました。人に働きかけるには、皆緊張します。お互い気遣う様にコミュニケーションが取れる事が望ましいと思います。

後で家族に聞くと、古くからの慣習を家族同様に重んじる英国人は少なくないと聞かされました。
気負わず、留学先ではその国の事情をいち早く学び、分からない事や慣れない事は、周りから助けられて解決してゆけると思います。24時間空いているスーパーもありますが、日曜日など中心部でさえお店は早く閉まります。日本とは違う、皆が個人の生活を大切にする時間の感覚や、夜が長い夏、冷房のない生活も楽しんで身につけて下さい。

朝も晩も五里霧中出、霧にも慣れれば、季節や朝晩の趣きです。インターンの際、ロンドンブリッジ駅付近でバスを乗り換えて出勤していましたが、子雨や霧など川や森の近くは鬱蒼としています。秋には黄金色に輝く木漏れ日と落ち葉の中、うつらうつらと電車やバスを乗り過ごし、ふと気付いて叫んでしまった事があります。

ふと側に英国男性が座っていて、『乗り過ごしだね。戻らなきゃね。』と笑っていました。日本の様に車内で居眠りをする国ではありません。率先して気を使って、見張ってくれてたのかもしれません。
しかし、そんな方々ばかりではありませんので、皆さん通学の際は十分に気を付けましょう。

学内には留学生専門の部門がある場合が有り、たくさんの役立つ資料や準備があります。是非、利用しましょう。どんな時も英語での生活です。基本、あまり話をしなくても、私は気になりませんし、ストレスも少ないです。読書や書物をする、一人考える時間を大切にする環境で育ちました。

しかし、友達と一緒に笑ったり、泣いたり、怒ったり、許しあったり、憎まれ口を叩いたりする時間もたくさんありました。国籍の違うが気性がはっきりしていて、相手と話さなければ気が済まない人々とばかり暮らしていたので、口喧嘩も笑いも絶えませんでした。家をシェアする際、インタビューもありますが、生活が一緒にできる人々が集うものです。

スピーキングのセクションは、最低限必要なスキルを身につけて下さい。そして、実り多い、時間を過ごして下さい。