英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

単語がなかなか覚えられない人のための英単語学習のコツ

さて、TOEICやIELTSでは、多くの単語とイディオムを覚えるの事が不可欠です。まず、目標がTOEIC450点〜550点程度の場合、個人差が大きいと思いますが、参考書の単語集を利用すればこのレベルは簡単に、追いつきます。

『単語がなかなか覚えられない!』

努力と、到達点を明確にする事で、達成出来ます。しかし、単語を闇雲に丸暗記するのは大変苦労する事だと思います。実際、英単語は言語であって、一語一語、心に響く言語です。自身の感覚も大事にして、しっかり覚えましょう。私は、神部孝著のシリーズを使い気に入っていました。大変、見やすくて、私には合っていました。

アカデミックモジュールのIELTSやTOEFL受験する方は、先ずは大学受験や留学の入学条件レベルを攻略する事が必須です。ビザの申請にも必要ですので、早目に勉強を始めましょう。



皆さんが、小学校から作文で日本語を学んできた様に、英語圏の子供達も一生懸命勉強して、母国語で悩み成長し、宿題をサボってお母さんにしかられたり、首を傾げながらも夢や考えをまとめる力やライティング力を養います。正に、大人が感じる、子供の愛らしい仕草や成長そのものです。小さなコミュニティから始まり、親から自立してゆきます。

時間は少しかかる方法ですが、苦手な単語を覚えるには、まず、簡単な作文にすると比較的理解しやすくなります。考えなければいけませんが、関連づける経験が多いほど忘れにくくなります。言葉の意味を考え、適切な単語を選別する事が出来る様になれば、運用できると言えるでしょう。

英単語は音楽の音符の様なものであり、ルールがあります。リンキングワードやイディオムを覚えなくては、美しい言語とは言えません。是非、頑張って下さい。

私は子供の頃から、分からなければ、辞書・百科事典・日本史と世界史年表辞書を引く様にと、食卓の席の後ろに並べて置かれていました。家族もニュースをみたり、読書で気になると調べていました。今でも、直ちに辞書で知らない単語を調べます。読書をしていると、まだまだ知らない単語がたくさんありますが、今ではすぐ覚えてしまいます。ただ単語を個別で覚えても、使い方を意識しないと、テストでしか約立たない代物となります。

さて、今回は単語がなかなか覚えられない理由を紐解いてゆきます。あなたは、英字新聞のヘッドラインを見て、どんな記事か、連想しますか?重要な事項を瞬時にキャッチする事が必要だと分かっていますか?
駅の電光掲示板をチェックしたり、雑誌を選ぶのだって、即座に情報を吟味し、日々、生きる条件の中で選択しているのです。

お気付きでしょうか?
そうです。私達は言葉を理解し、選択して毎日生活しています。勉強の合間に、英語で書かれた、気になる映画のオフィシャルサイトを読んだり、好きなメルマガを定期的に読んでおきましょう。BBCやCNNが見れるなら、ニュースを見ながら、瞬時に流れるヘッドラインニュースをチェックして、情報をキャッチする事で、目と耳で選別、理解する力を養いましょう。結果、リスニングと読解力がアップします。

次に、単語を覚える上で、難関はアルファベットに慣れていない事です。アルファベットに対する先入観無しに英単語を認識して、学んでいないからだと言えます。単語を覚える中、慣れれば一瞬でアルファベットの一語や文体が覚えられます。後は、知らない単語は辞書で調べれば、ほぼ忘れなくなります。

いつか必ず、単語は覚えれば覚える程、簡単に記憶でき、次々と覚えられる様になります。身につかない状態を打破するには、やはり英単語の運用にも慣れる事が重要です。記憶する為の反復練習が辛いと感じるのは、最低限の英単語の知識も未発育であり、新しく難易度の高い単語を覚える準備ができていないからです。基礎からしっかり学び、英単語に慣れてゆくつもりで、頑張りましょう。