英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

"Would"と"Will"の意味の違いと使い分け方法。過去形・現在形という認識は間違えのもと!

http://kyukatsu.com/wp-content/uploads/2013/12/english-letters-free-stock-o-laungage-freelive.jpg

「”Would”は”Will”の過去形だ」と学んだ人も多いのではないでしょうか。
しかし現在形、過去形、と区別するのは間違いを引き起こす原因になる可能性が高いです。
今回は、”Would”と”Will”の違いについてまとめていきたいと思います。




・”Will”

”Will”の意味は「~するつもりだ」というニュアンスです。
意外と知られていない事実だと思うのですが、”Will”は名詞としても使います。
名詞の際は「意思、遺書」などと訳されます。
この名詞の意味から察するにおそらく助動詞としての”Will”も、意思を指し示すと予想できる。

”I will go to the station”という文の翻訳としては、「私は駅にいくつもりだ」で適確だとは思いますが、ただ未来を指し示しているだけではなくて、意思も含んだ「つもり」であることをおさえておくとよいです。

・”Would”

”Would”の意味は”Will”の「~するつもりだ」を、もう少し控えめにした具合です。

例えば”I would say 'yes' if he asks me to date with”という文章ですと、「もし彼が私と付き合いたいというならば”はい”と答えるつもり」という訳をあてることができます。
ここで I will say 'yes' と言った場合とどう異なるかということですが、”Will”の方が「もちろんイエスと言うわ!」といったようにより明確な印象を与えます。
しかし”Would”と言うと、「イエスと言うだろうね」といったように「おそらく」というどちらかというと不明確な印象を与えます。

・疑問形

1、”Would she come to the class today?”
2、”Will she come to the class today?”

この二つの例文の違いも、上記に述べた”Will”と”Would”の違いから理解することができます。
1では「今日彼女は授業にくるかな?」という具合なのに対し、2だと「今日彼女は授業にくるつもりはあるのかな?」といったような印象を与えます。
2のほうが、彼女自身の意思にフォーカスしているように理解します。


以上、主な違いをまとめてみました。
初めのうちは難しくても、少しずつ使い分けることができるとより正確に言いたいことを伝えられて楽しそうです。