英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

TOEICやTOEFLに頻出の英語選択問題対策。正しい選択肢を選ぶコツとは?

<選択式の英語テストを乗り切る方法>

今回はTOEIC、TOEFL、センター試験などの選択式の英語のリスニングとリーディングのテストを乗り切るコツをお伝えしましょう。

第一に、目標とする試験があるのであれば、その対策となるテキストを教材として用いることです。他の物を一切用いてはいけないということではありませんが、やはり対策本には対策がきちんと書かれており、無駄がないようになっています。

TOEICはビジネス用ですのでビジネスで使われる表現が多く使われるのは当たり前であり、TOEFLならばアカデミックな話題が多くなります。目標とする試験がある場合には最短の距離で到達できるよう、対策本にまず取り組みましょう。



そしてまだあまり勉強を進めないうちにとりあえず1回試験を受けてみましょう。そうすることにより、今のあなたのレベルがわかります。要領がわからずに失敗することもあり、周りの人がみんな出来る人に見えて焦ったりすることでしょう。それらも含めて、まずあなたの実力を知ることが大事です。

実力にあった問題集を選び、リーディング、リスニング、そしてそのどちらにも必要なボキャブラリーや英文法対策を進めていきましょう。一通りやり終えたら、過去問を1つやってみましょう。そのときは試験本番のときと同様、きっちり時間を守り、最初から最後まで通してやってみましょう。あなたの英語のどこが強いかどこが弱点か、少しわかると思います。そして弱いとわかった部分から補強していくようにしましょう。そしてまた過去問にチャレンジしてみましょう。

試験に取り組む際のコツですが、リスニング、リーディングの設問の多くは4つの選択肢から正しい回答を選ぶ方式になっています。いずれの場合もまず、設問に目を通すことが大事です。リスニングの場合は時間は大変限られますが、それでも英語が聞こえてくるまでのわずかな間に設問に目を通すようにします。そして選択式の試験の場合は選択肢を1つ1つ丁寧に吟味してはいけません。適合しないものをできるだけ早く判断し、選択肢から落とすことが大切です。最初に設問に目を通しておくことにより、明らかに聞こえてくる英文や読んでいる英文とは合わない選択肢を1、2個落とすことができることでしょう。残り2つのうちどれを選ぶかはよく英語を聞いて読んでみてください。そしてわからないときには、思い切って残ったもののうち最もそれらしいものを選び次の設問にいきましょう。1つ1つの設問にあまり長い時間はかけられません。時間が残ったときに戻ってくるようにしましょう。

それから中には、いくら考えても選択肢のうちどれが正解かどれを落とすべきか全くわからない設問もあることでしょう。その場合は選択肢の中の「2」か「B」、つまり2番目にあるものを選んでおきましょう。

試験の傾向に合った対策本で勉強を進め、試験を乗り切るコツを覚え、過去問とテスト本番を繰り返していけば、その試験を乗り切ることができることでしょう。

いずれの試験もビギナーから中級に行くには比較的楽で、上級者がより高得点を目指すのには大変な苦労を伴います。

ですが基本的にするべきことは同じですので、がんばりましょう。