英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

英語のスピーキングの点数を上げるにはオンライン英会話が一番コスパの良い勉強法だった

<オンライン英会話で力をつけよう>

最近流行りのオンライン英会話は上手に使えば気軽にスピーキング力をアップでき、モチベーションもアップできる良い手段です。そのコツをご紹介します。

まず1社に決める前にいくつかの会社を試してみることが必要です。教え方が合う会社
、教材が合う会社、いろいろな国の先生がいる会社などさまざまで、月謝の方も毎日受講しても月額6,000円程度のところから、月謝が高いだけあり、文法や教材がきちんと整えられている会社もあります。


教材や先生、月謝はあなたの事情や好みによりますが、その他にチェックすべき第一のポイントは電波の状況です。

多くは海外とネットでつなげ会話をするというシステムになっています。会社によっては先生にも現地で事務所に出勤させることにより、電波状況を必ず良い状態にして、電波がつながらないために授業ができないということを避けているところもあります。

一方で、先生が自宅でレッスンをするため、ときどきご家族がパソコンの画面の後ろを通ったり、テレビの音がしたりもします。
前者の方が勉強に集中できるという人もいれば、後者の方がリアルな会話ができるという人もいます。
ですが、後者は受講中にネットが途切れたりするアクシデントが多いことも確かです。

気の合う会社が見つかったら、最初は慣れるまで気の合う先生のレッスンを続けて受講してみると良いでしょう。
慣れてきたらときどき違う先生を試してみると良いでしょう。いつもの先生ならば発音も聞き取りやすいし、こちらの言いたいことも大体察してくれるのに、先生を変えてみたら全然通じないということもあります。

大切なのは、自習の時間も必ず作ることです。オンラインレッスンばかりでは、画面の向こうで先生が何をしているのかが気になったり、自分がどのように相手に写っているのかが気になったり、時間の制限があったりするため、やはり身に着くスキルに限界があります。

オンライン英会話を楽しく有意義にするためにも、自習の時間を作りボキャブラリーやリーディング、リスニングの時間も取り、次の授業のときにより良く聞けて新しいボキャブラリーを試してみる。

このようにオンライン英会話を使えればモチベーションの維持にもなりますし、自習の励みにもなり、大変効果的です。

さらにビギナーには少しでも良いのでフリートークの時間も作り、教科書を読むだけではなく、自分で考えた英文を口にする機会を作ることをお勧めします。

一方で、上級者はフリートークばかりになりがちですが、そればかりではなかなかスキルアップはしません。
先生も会話の流れを大切にするため、会話中に文法を直してくれることはあまりないので、フリートークばかりではなく、ニュースサイトなどの教材を活用し、新しいボキャブラリーや表現を学びつつ、楽しく会話をするようにすると効果的です。

スピーキングはもっとも自習のみでは現状維持が難しいスキルです。
オンライン英会話は、英語の語順で文を考え、相手に伝え、会話のキャッチボールができる有用なツールです。ぜひ試してみてください。