英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

イギリスから見た日本のイメージとは?日本の電化製品「日立」が意外と使われている

http://business-peoples.com/material/021.jpg


遠い小さい小さい島国の日本。
宗教も文化も全然違うイギリスと日本ですが、意外と日本のことを知ってくれている人もたくさんいて嬉しく感じています。

しかしよくテレビなどで「日本はカッコイイと思われている!」と聞く機会がありますが、あれはフェイクな気がします。

終戦の8月が近づいているからか、なんだかピリピリ感じるときもあります。
授業中に聞いた「第二次世界大戦は歴史上、一番人が死んだ」と、個人的に話しているときに言われた「昭和天皇は歴史的にイギリスではよく思われていない」というフレーズを勝手に頭の中でひっつけて考えてしまうからか、第二次世界大戦の日本、という風にネガティブなイメージが拭えない人もいるのかもしれないなあ…と今日この頃。

もちろん、私が考えすぎなだけかもしれないですが、ただただ”日本はカッコイイと思われている!”とハッピーな気でいるのもどうかと最近思います。
しかしそうとはいっても、やはり漫画文化や、食文化、また電化製品なども日本製のものを結構見かけます。

そこで今回は、イギリスで見つけた”日本”をまとめていきたいと思います!




・日本のイメージ

まず私が感じたイギリス人から見る日本ですが、もちろん漫画や食文化などを通してよいイメージを抱いている人もいたり、なんとなくマナーが良いというイメージを抱いてくれている人も見かけますが、別にこれといって何のイメージもないという人もたくさん思います。
「韓国とすごく似てると思ってた」と言われたこともあります(笑)

ヨーロッパ圏の国々をなんとなくひとくくりにしてしまう人がいるように、韓国と日本もよく似た国だと認識している人もいるのだなあと思いました。
また、「日本ではなぜチャリティー活動をあまりしないのか」ということについてイギリス人の大学生と2人で話していたのですが、彼女は「日本はつい最近まで貧しい国だったからじゃない?きっとこれからもっと活発になると思う」と言っていました。

私は主に宗教の違いや文化の違いに要因があると考えておりましたが、そうではなくてもこの意見を聞いて少し驚きました。
自惚れなのか、日本はGDPも高く、経済も発展している先進国になってだいぶ経ったと思っていましたから、彼女が「日本は最近まで貧しい国だった」というイメージを持っていることに少し違和感を持ってしまいました。

確かに歴史で比較すると、イギリスの産業革命に比べれば日本の高度経済成長期は幾分と後でしたから、確かに、と思う部分もあるのですが、電気機器など今では日本のほうが進んでいる工業もあると信じていますから、ちょっと驚きですね(笑)

しかしこれは一例ですので、もちろんそういったことに詳しい人はまた違う意見を持っています。
ただ、なんとなくですが、経済的に見たとき、イギリスからすれば日本はそんな気にかける必要のない国だと捉えられているのかなと感じました。

また、第二次世界大戦ですね。
日本と同様、「そんなん全然考えたことない」という人が大半だと思います。
しかし60、70の年配の先生方と話していると、時々原爆の話とか日本の天皇制の話とか聞きます。

私は主に話を聞くだけなのですが、印象としては「日本変わってよかったね」といった感じかと。

・和食

和食レストランあります!
私が住んでいる町は、小さくもないが大きくもないような町ですが、”わがままレストラン”というお店があるそうですよ。
行ったことがないので友人から聞いた話になりますが、天ぷらや味噌スープなど食べられるそうです。

しかし友人が頼んだ料理の写真を見せてもらいましたが、なんだか日本料理ではないような…(笑)
少なくとも私は見たことがない。(笑)
もしかしてレストランの人は日本人じゃなかったりして~なんて思いながら写真を眺めていました(笑)

他にもある教師が日本食レストランに行ったと話していました。
すごく美味しかった!日本食食べたことある?とそのクラスで聞いてました!
私は別の授業でしたから、廊下でその話を聞きながらなんだか一人でニタニタしていました。(笑)

スーパーでもパック寿司が売っていました!
もちろん魚ではなくてなんだか漬物のようなものが巻かれているものですが…
食べたことはないので味は分かりませんが、毎回仕入れされているところを見ると、売れていないわけでもないご様子。

・Umami!Tsunami!

化学の授業でですが、味覚の話をしているときに5つ目の味覚として”Umami”が…という話に。
なるほど日本人が発見した味覚なんですね。
なので英語でも旨味は”Umami”なんです!
なんだか感動!
「日本語でUmamiはどういう意味なの?」と感動している最中にとっさに聞かれ、思わず”tasty”と答えて、なんだか形容詞で伝えてしまったことに後悔…
隣の男子二人が「おい、いいか。寿司レストランでは寿司を食べたあとに”うま~み~”と言うんだぞ。約束だぞ。」と話ているのを聞いて、こりゃまずいことしたなあと反省(笑)

また”Tsunami”も日本語からきています。
これは有名かもしれないですね。
化学の授業では福島原発のことも話題にのぼり、ある程度日本のニュースは知っておくべきだなと再確認。

・電化製品

HITACHIです!
今まで見た学校の授業用スクリーンや映写機はHITACHIでした。
また、室外機もどこだったか忘れましたが日本のメーカーでした。

・桜

実は原種は中国由来だと伝えられていますが…
桜といえば日本なイメージがあるので。

もうしばらくはお花見もできないなあと思っていましたが、思いがけないことに寮の近くに一本だけ桜が咲いていました。
一人授業へ行く途中に歩きながら眺めて、日本を恋しくしんみりした気持ちになってみたりしました(笑)


以上、イギリスで見つけた日本でした。
他の町にはまた違ったものも見られるかもしれません。
お互い端と端の文化も違う島国ですが、物は確かにそのままの形で輸入されますから、なんだか見るとホッとします。