英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

英語のライティング力を身につける方法。例文の丸写しで手紙やビジネスメールなどあらゆる形式の英語に慣れておこう

 英語力を上達させるために、書くことは大事なスキルです。
 今回はライティング力に焦点を置いて、力をつける方法についてお話しします。

 書けるようになることは、英語が正しく話せることへの第一歩です。



例文の丸写し

 良い文章を見つけ、写経のように写して英文の構造に慣れ、覚えることは効果があります。
 努力を要しますが、テストなどの目標を設定し挑戦してみましょう。手書きが一番良いですが、パソコンを使う場合には英単語スペル修正機能をオフにして使い、スペリングをしっかり自分のものになるまで身につけるようにしましょう。

 また、同時並行で良いので、最終的に自分で考えて文章を作れるようになることをめざし、写すだけではなく自分で考えて文章を作ることにもやってみましょう。最初は単語を並べるだけでも、自分で考えることに慣れることが必要です。書くことに慣れないうちは、問題集や英語の例文集などを用いて、書いてみましょう。最初はわかる単語を並べてみるだけでも、解答を丸写しにすることでも大丈夫です。

ライティングは慣れが大切

 英語学習というと、読めたり聞けたりすれば書けるものと思いがちですが、頭の中にあるアイディアを文章として書いてみようとしたら意外に難しい、ということは日本語でも経験があることでしょう。英語ではもっとハードルが高くなります。知
 っているつもりの単語の使い方に関する記憶があいまいで辞書を引き直すところから始めなければいけないということは、上級者になってもよくあることです。

 ライティング力は、リーディングとは切っても切れない縁があります。
 多く読み、良い表現を見つけ、真似して使ってみることと良いでしょう。自分で使ってみようと思いながら読むと、別の目で英文を見ることができ、新たな発見も多々あることと思います。それからすでに知っている単語や表現について、あらためて辞書を引いて別の表現や用例について見てみることも、表現の幅を広げるツールです。このようにして表現力をつけていきましょう。

海外のチャットや掲示板を利用する勉強法

 ライティングとリーディングの両方のスキルを同時にあげる方法の1つに、英語でやり取りされている趣味の掲示板やチャットに参加してみることがあります。好きなことであれば、わからない単語が多少あっても前後から推測ができるものです。
 またあなたの方も書きたいことが多々出てくることでしょう。

 ただし注意点が1点あります。
 掲示板やチャットでやり取りする相手はあなたが書く英語の文法を直してくれるわけではありません。間違っていても通じれば良いということになってしまいますので、別の方法と併用し、この場で書けることを徐々に正確性の高い文にしていきましょう。

 英語は、日本語と同様に、目的により決まった書き方があるので、手紙やビジネスメール、エッセイ、論文などを書く場合には、その形式を別途勉強する必要があります。

 書かなければ書く力は身に付きません。どれくらい書くか、それがライティングの力をつけられるかどうかの勝負となります。1日10分でも、1週間に1時間でも時間を作って取り組んでいきましょう。