英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

イギリスの大学の寮生活でよく出くわす虫!イギリスにはゴキブリがいないがネズミやガガンボが多い

http://www.eigo-card.com/store/images/insects_ALL.gif

イギリスに住んであまり虫に困らされたことはないのですが、ついに最近その時がやってきました(笑)
そこで今回は、イギリスでよく出没する虫をまとめてみたいと思います。
特に虫がダメだ!という方は、この記事を読んで心構えをしていただけたらと思います(笑)

やはり植生が違うように虫も日本でよく見かけるものとは違いますね。
朗報なのはゴキブリがいない!ということです。
英語でゴキブリはcockroach(コックローチ)と言いますが、実際イギリスの人でゴキブリがどんなものか知らない人は結構いるようです。


1)蚊の大きいやつがウヨウヨ

「ガガンボ(大蚊)」というやつですね。
冬には見かけませんが、春先から秋が始まるくらいまでにめっちゃ出てきます。
私は寮に住んでいるのですが、シャワールームにひっついていたり、トイレにいたり、キッチンはもちろん油断すれば部屋にも入ってきます。

光に集まる習性があるので、夜に窓を開けないように気を付けてください。
私は来たばかりの頃、何も知らず窓を開けてしまい、一瞬でしたが2,3匹入ってきました。
それから外に追い出そうとしましたがなかなか上手くいかずあきらめました(笑)

外に追い出す方法としては、素手でなんとかしてもいいですし、日中に部屋が外より暗いようでしたら、窓を開けるとより明るい外へ勝手に出ていくこともあります。

ただ、窓を開けておくと他のものが入ってくるというリスクもありますので油断大敵です。
最初のうちはあまり気分がよくなかったのですが、だんだんいることが普通になってきて慣れていきました(笑)
ちなみに、害はないので安心してくださいね。

2)アブがいっぱい

これも暖かい季節に大量に出てきます。
一昨年は特に大量発生したそうですよ。

害はないですが噛まれたら痛いので気を付けてくださいね。
アブは水分が多いものに集まる習性があるので、川辺や汗っかきな人にはよくひっついてきます。

3)ネズミは年中

ネズミは日本でも同じですね。
結構そこら中にいます。

教室でも何度か見かけたことがあります。
私はネズミを嫌だと思ったことはありませんので分かりませんが、嫌な人は嫌だそうですね。

4)クモが出た!

クモの巣はそこら中に見かけていましたし、ハリーポッターでも大きいクモが出てきましたし、きっとどこかにいるのだろうなとは思っていました。
しかし部屋の中でもキッチンやトイレやシャワールームでも見かけたことがなかったのです。
と、油断していたら最近部屋にクモが…(笑)

いやあ、一人暮らしのクモは怖いですね。

日本だと、背中が赤じゃなければ大丈夫、と腹をくくれるんですが、イギリスのクモですからもしかしたら…と思ってしまって…(笑)
なんとか対処はできましたが、部屋の戸締りはきちんとしようとあらためて気づけました。

ちなみに余談ですが、クモはタランチュラなどの毒蜘蛛広く知られていますが、基本毒を持っていてもあまり害があるものはいないらしいですよ。
毒を持っていたとしても、ヒトの皮膚を突き破って毒を注入できる可能性が低いそうです。
ですが、やはり国によって力の強いクモもいますし、例外もいますから調べてみてくださいね。


以上、今のところ目立つ虫はこれくらいですね。
日本に比べるとあまり虫も見かけないといった印象です。
何か読者様の助けになれたなら幸いです。