英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

留学で英語を上達させるには日本人同士で固まらないことが大事。日本人グループに入らない方法

http://www.misaki.rdy.jp/illust/child/gakkou/gakuyou/sozai/1103.jpg

「日本人でつるんでたら英語は上達しない」と、よく聞くフレーズですよね。実際留学しても、英語が上達していないまま帰国なんてこともあるようです。

ただ、なぜ多くの人が日本人で固まってしまうのか、ということです。

そこで今回は、日本人同士で固まらないようにするためにはどうすればよいのか、考えをまとめていきます。



・なぜ日本人同士で固まってしまうのか

おそらく多くが「私は日本人とはつるまない」と意気込んで飛行機に乗り込むのだと思います。しかしそのうち何人かは結果日本人で固まってしまっているんですね。

原因は主に「楽だし楽しいから」だと思います。
アメリカに友人がいますが、本当に楽しそうです。毎日が旅行感覚で、いろんな観光地に日本人の友達と遊びに行って写真をアップしたり、とても生活は充実しているように見えます。私も周りに日本人がいたなら、きっとそうしたかったでしょうね(笑)

これが悪いことだとは思いません。
楽しいことはよいことですし、どこかで英語を勉強しなくては、と気づいて切り替えるポイントがあるでしょうしね。

ただ確かに英語で毎日生きている人に遅れをとるのは事実でしょうし、楽しいまま大学生活が終わってしまう、なんて人もいるかと思います。

それでは、初めから日本人同士で固まらないようにするにはどうすればいいのでしょう。

・解決法

1)軽い気持ちで飛行機に乗らない

どれだけ自分に厳しくなれるかだと思います。

母国を離れて、全く文化の違う国に行くのですからとても辛いです。絶対に日本語で、同じような境遇の人と話をしてストレス発散をしたいときがきます。お店でスタッフに日本ではありえないような対応をされた時も、ものすごくいやらしい人に会って誰かに話を聞いてもらいたい時も、それを誰にも伝えられないわけです(笑)

はじめの頃は特に英語もまだ未熟ですし、何よりその気持ちは日本人だから感じるということもあるわけですから、他の国の人には分かってもらえないなんてこともあります。そういう時にやっぱり日本人の集い的な場に行ってみようかな、なんて具合になりやすいんだと思います。

余談ですが、大体の大学では日本人が集まるパーティ的なものが定期的にあるようです。

それを通して日本人の友達をつくってどこかへ旅行に行ったりしている人もいますよ。日本にいるときよりも仲間意識が芽生えやすいですから、友情が芽生えるのも早いのだと思います。

その誘惑に負けてはいけないということです。

その点、一人でいるのが平気な人は割と達成率も高いのではないかと思います。一人が嫌な人は、友達や家族に電話してしのぎましょう。日記をつけてみるのもいいですよ。文字にして綴ってみるだけで気が楽になることもありますからね。

2)日本人が少ない国へ行く

アメリカは本当に多い、というイメージです。

特にコミュニティカレッジは多いと聞いています。日本人がいて、話しかけられたらそれは無視するのもいやらしいですから、必然的に日本人同士で固まる可能性は上がりますね。なかには言い方が悪いですが、海外の大学は入試がなくて楽だから、なんて理由で来ている人もいるようです。

そういった人はもしかしたら「英語を上達させたい」という気持ちは弱いかもしれませんね。楽しみたいという気持ち一心の方々もいるかもしれません。
そういった人たちとは仲良くはしても、流されないように気張った方がよいかもしれませんね。

イギリス、カナダは比較的少ないようですよ。
その他にもあまりメジャーではない国でしたらなかなか日本人は見かけないようです。

私はイギリスで日本人少ないなあ、と思いますが、たまに日本人同士のグループは見かけます。

プレゼンを日本人同士で組んで、日本語で打ち合わせをしているグループも見たことがあります。その当時私はサウジアラビア人とペアでプレゼンでしたから、横目に「楽そうでいいな~」と思ったのを覚えています。しかしそう思ったのもつかの間、そのサウジアラビア人ととてもよい友人になりましたので結果よかったです。

英語漬けになりたい!という方は、国を選ぶときに日本人人口も考えながら選ぶといいかもしれませんね。

最後に、偉そうなことをたくさん言いましたが、私は日本人同士で固まっていても1ミリも悪いとは思いませんよ。

私はいろいろなことが重なって日本人とはあまり関わりがないような生活を送っていますが、やはり日本の友人が日本人同士で楽しそうにしている写真を見ると胸が苦しくなります(笑)ですので、みなさん無理せず、ほどほどにチャレンジしてみてくださいね。