英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

【イギリス大学留学】イギリスの大学にあるキャンパス内施設について。24時間利用可の図書館など施設は充実

http://tokuhain.arukikata.co.jp/glasgow/images/IMG_0033x.JPG


ファンデーションプログラムが終わったら大学に行くわけですが、大学の施設はどんなものか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は大学の施設についてまとめていきます。
私の経験から述べていきますので、みなさんの行く大学にはないものもあるかもしれませんが…
どんな感じかだけでも伝えられたらと思います。


1)寮

キャンパス内の寮とキャンパス外の寮(off campus)があります。
家賃はどちらも同じくらいです。
私の大学では一番安いのが一週間で78ポンドだったかと記憶しています。
一番高いのですと一週間で147くらいだったかな…?
面白いのが、日本とは違って家族がいる大人も多く在学しているので、ファミリー用の寮もあります。
またキャンパス内には子供が遊べる公園や野原、幼稚園などもあります。

お金に余裕のある方は高めの寮に行くことをおすすめします。
安い寮ですと、生徒が集まってタバコやアルコールやその他もろもろしています。
関わらなければ被害はありませんが、匂いや騒音が気になる人もいると思います。
高めの寮ですとシャワー付きの部屋などあるようでとても快適そうですよ。
しかし中には騒音に悩まされている友人もいます。
ですので一概に高い方が静かに快適に過ごせるとは言えませんが、やはりお金を払っただけ違いが出る可能性が大きいです。

2)図書館

ほぼ毎日開いています。
平日はなんと24時間開いています!
すごいですよね。
ですので何か部屋にいずらかったり、勉強に集中したいときはほぼいつでも開いています。
図書館には個室も10室ほど完備されており、12時~19時の間で予約をとることができます。
プレゼンテーションの練習や、友達と勉強するときによく利用します。

オープンの勉強スペースには、話していいところと静かにしなければならないところとが分けてあります。
用途に応じて使い分けられますね。
ちなみにプリンターもおいてありますので、コピーもできます。
お金はかかりますが。

3)スーパー

毎日開いてます。
大学によってどこの系列のスーパーが入っているかは変わりますが、私のところは少し高めのスーパーです。
しかし日本に比べると野菜など格段に安いので問題なく普段使っています。
洗剤、新聞、雑誌から食材まで必要なものはほぼ置いてありますが、鍋やフライパン、食器などはありませんので最初の買い出しは町まで行ってくださいね。

4)薬局

利用したことがないので詳しくないですが、平日は毎日開いているようです。

5)カフェ

キャンパス内に3つあります。
円安もあいまってよりそう感じるのでしょうか…値段設定はかなり高めですね。
コーヒーと何か軽い朝食のようなものを頼むとトータル5ポンドほどになります。
日本の大学ですと学生のために安い学食がありますが、イギリスにはありません。
カルチャーショックです!

6)バー

これまたカルチャーショックです!
イギリスでは18歳から飲酒、タバコができます。
だからというわけではないんでしょうけれども…(笑)
イギリス人に聞いたところ、キャンパス内にバーがあるのは普通だそうですよ(笑)
余談です。
私の寮はバーのすぐそこにあるのですが、時々ものすごく賑わうときがあるので、寮を選ぶ際はバーの位置も確認するとよいかもしれません。

7)本屋さん

図書館に隣接してあります。
タームの始まりには、ノート、ルーズリーフのセットなどお安く購入できるときがありますので要チェックです!
また、教科書を買うときですが、初めのセッションで何が必要なのかリストをもらうかと思います。
本屋さんで買うときはそのリストを渡してセカンドハンドのものがあるか聞いてみるとよいですよ。
お安く購入できます!
前に使っていた人のメモなどかなり残っていて少し扱いづらい場合もありますが、読むのに不便はないのでよいかと思います。
ちなみに、ファンデーションプログラムを始める人は、初めに渡されるリストに結構いらないもの(大学のロゴがある簡易な鞄、ノートなど)もリストアップされている場合がありますので、必要に応じてショップ店員に相談するほうがいいです。
私は絶対に必要なもののみ買って、リストに設定されていた金額より30ポンドほど安くすませられましたよ。

8)自動販売機

建物内になら設置してあります。
お菓子や飲み物が売ってます。

9)ITサービス

パソコンが何十台とある施設です。
パソコンを持っていない生徒や、何かコピーをしなければならない生徒が利用します。
ちなみにコピーはお金がかかります!
ショックです!(笑)
一枚6ペンスほどですので、日本の10円コピーって感じです。
図書館でもコピーできますがこれまた有料。
エッセイなどインターネット提出だけではなくてコピーもしなければならない時がありますので悔しいですけど使用がないですね…(笑)


いかがでしたでしょうか。
大学によってどんな施設があるのかは異なりますが、町とは外れた場所に位置する大学でしたらこんな感じかと思います。
読者様が少しでも雰囲気をつかめたなら幸いです。