英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

イギリス留学中の食費を節約する方法。イギリスのスーパーではgood dealの表記を選んで買おう

http://imagec.navi.com/images/templates/LONDON/5040051/3e5cb208c62d0ccf_S.jpg


「イギリスって料理マズいし高いらしいよ」とよく聞く話ですね。
確かに調理されたものは高い!し、時々おいしくない(笑)
そこでイギリス留学を控えている方向けに、イギリスでの食事情と、食費の節約術をお話しします。


まず、全部マズいというのは違います。
中にはおいしいものももちろんあります(笑)
私は自炊で生活しているので、スーパーなどで購入するお惣菜的な食べ物や、食材についてお話ししますね。
さらに今回は経験の中で培った、生活費を抑える知恵もまとめていきます。

・飲料水には気を付けて!

イギリス人の友人に聞いたのですが、イギリスでは水道水が飲めない場合は注意書きをしなければならないらしいです。なので、基本的に注書きが見られなければどこのタップウォーターも飲んで大丈夫です。

しかし日本の水とは軟水と硬水という意味で性質が異なりますので、飲んでいるとある日喉が痛くなったりします。私もタップウォーターで大丈夫かなと思い、最初の数か月は部屋にある洗面台から出る水で過ごしていました。

するとある日を境にずっと喉の痛みが続いて、これはそろそろヤバイんちゃうかと思いながらも、スーパーで毎日飲料水を買うのも高くつくしなあと悩んでおりました。

しかし友人にそのころ、水をろ過する簡単な装置を紹介してもらいまして、町のスーパーにて購入してきました。そのろ過装置に通した水を飲み続けていますが、今のところ喉の痛みもなく順調です。

ちなみに、ASDAという大型スーパーで購入しましたがセール時ですと約10ポンドほどです。フィルターを一か月に一回変えなければなりませんが、4つフィルターが入って同じくセールの値段で10ポンドです。
遥かに飲料水代を安くあげることができます。

・調理されたものは高い!

サンドイッチなどその場でパッと食べられるものは高い(二つ入りで2ポンド~)です。
そしてあんまり私の口には合わないです(笑)

しかしレンジでチンするミートパイなどはそんなに高くないですし、おいしいですよ。日本のパン屋さんで買うミートパイと同じくらいの値段(1ポンド=200円しないくらい)です。

ちなみに余談ですが、「good deal」などと表記があるものは通常より割安で購入できる商品です。
どういう仕組みかはわかりませんが、毎日のようにローテーションのようにしていろいろなものが割引になっていますので上手く利用してくださいね。また、二つかそれ以上まとめて買うと割引になるものもあり、「2 for 3(2つで3ポンド)」などと表記されています。

もう一つ、そのスーパーの商品であれば比較的値段設定が低くされています。例えば、日本でいうイオンのトップバリューのような感じです。

そこも抑えながら買い物すると値段を抑えられると思います。

・お菓子は探せば安く買える!

例えばメーカーにもよりますが、ポテトチップス150gで定価1.5ポンド(300円しないくらい)ほどです。しかしどこかのメーカーのポテチは必ず「good deal」になっていますので探してください(笑)
「good deal」ですと1ポンド(200円しないくらい)で買えます。

ちなみに私は最近1.3ポンドでPringlesの一番大きいサイズ(170g)を買いました。日本ですと300円くらいしますね。大満足です!(笑)

あとは基本的には野菜などの材料は日本のと比べるととても安いです。
最後に、安くて有名な大型スーパーの名前だけあげときますね。

・ASDA
・TESCO

です。
イギリスのどこの地域でもあるような大型スーパーですので参考までに…

以上、食事事情についてでした。
来てみてからいろいろ試していくのもいい経験になりますが、少しでも知っておくと気が楽になるかと思います。
イギリスに来たときに今日の情報が役立てば幸いです。