英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

【体験談】カナダワーホリで失敗しないために大事なことは一年間英語漬けになる覚悟。行けば仕事も英語も何とかなるは通用しない

f:id:moguhausu2:20150326165042j:plain

私がワーホリをしたいと思いはじめたのは、20代後半のことでした。当時は務めていたIT系の会社を退職し、知り合いに勧められたフィリピン、ゼブ島留学をしていました。

当時、カナダのワーホリに行くために貯金をしていましたが、結構ギリギリだったのでフィリピン留学は航空券・VISA代以外お金のかからない0円留学で行きました。

しかし、フィリピン留学に行くにあたって…というか英語を勉強するという事そのものを舐めていた私。
事前に基本的な文法・単語の勉強すらせず「現地で教わろう!」と他人任せのフィリピン留学をしてしまいました。

フィリピン留学に行った期間は、現地での生活費等も考えて2ヶ月。
ありきたりな話ですが、英語初心者がたった数か月で英語が習得できるわけもなく、自己紹介くらいならスラスラ言えます程度のレベルで留学期間が終了。

フィリピンの先生は英語の発音も良く、初心者である私にも分かりやすくしっかり英語を教えてくれたので素晴らしかったです。
また、午前中に勉強をして午後は働く事で学費・寮費が0円になる0円留学を利用したので、ほとんど貯金を削らずに勉強出来たので良かったです。

フィリピン留学自体は、初心者の私には必要不可欠な期間でした。

しかし、フィリピンから帰国した私のレベルは

・TOEIC 550点くらい
・レストランで注文できる

といった低レベルな英語しか習得出来ていなかったのです。

フィリピン留学に行くときは、最低限、中学レベルの単語と文法を復習してから行くべきでした。
せっかくのマンツーマンレッスンも、中学レベルから教わるようでは効率が悪いです。



ワーホリに行く決断

言ってしまえば、自身のミスで大失敗に終わってしまったフィリピン留学。しかしこれから転職活動するにも、英語のアピールポイントが何もない。そこで私は、転職活動をする前にワーホリで英語に再挑戦するという決断をしました。

同じ失敗をしないように、留学先は遊びの誘惑が少ないカナダ、学校は日本人が少ないヨーロッパ系、家はカナダ人とホームステイを選んで・・・環境は全て整いました。あとは行くだけ!行けば一年後はペラペラになって帰ってくるんだ~!!!

・・・

そんな状態で渡加した私。早くも2か月目で挫折しました。

授業についていけない。友達ができない。仕事先が見つからない。

日本であれほど準備万端で来たハズ。

ESLに行けば会話できるようになるハズ。

ローカルの仕事見つけてカナダ人と友達になるハズ。

全てが想像していたこととは違いました。何故、準備万端で来たワーホリがこのような事態になってしまったのか。

それは、私には英語を学ぶという覚悟が欠落していたんです。

全ては英語力次第

渡加する前に私がしていたのは、ただの環境作りでした。
TOEICの点数を上げるわけでもなく、英会話教室に通うわけでもない。

でも何となく英語環境にはいたいから、まるで旅行のプランを立てるように数週間分の予定は立てておいたんです(要はESLが終わるまでってことですね)。日本人ワーホリの多くが最初の数か月をESL学校にあて、卒業後に家探し&仕事探しをする。まるでワーホリ用のテンプレートがあるのか?!と思わせるくらい同じ計画を立てています。

もちろん私もそのうちの一人で、ESL卒業後は現地で考える予定でした。
だから、いざ計画が過ぎてしまうと何をすればいいのかわからない。お金が無いので仕事を探さなきゃいけないのに、英語力が低くて誰も相手にしてくれない。

当たり前の結果です。
フィリピンで習った英語にちょっと毛が生えた程度ではカナダ人は相手にしてくれません。

周りには沢山の留学生がいるし、バイリンガルなんてウジャウジャいる。よっぽど高い英語レベルか特別なスキル(美容師とかエンジニアとか)が無い限り、その中で勝ち残るのはゼロに近いことなんです。それこそESLでIntermediateくらいのレベルでは、日本食レストランでさえ接客のないディッシュウォッシャー(皿洗い)にまわされることもあります。

後悔しないためには

まさにテンプレート通りの学生だった私は、しばらくの間仕事が見つからず、途方に暮れていました。

もしESLでちゃんと勉強していたら・・・いや、日本でもっと勉強していたらこんなことには・・・と何度思ったことでしょう。

しかし一番の後悔は、本来の目的である英語習得を完全になめきっていたことなのではないかと思います。渡航前も渡航後も、私は目に見えるものだけを揃えて満足していました。

しかし本当に大事なのは、一年間英語漬けになるという覚悟です。
ESLだけで不十分であればカンバセーションクラブに通うとか、いっそ仕事をせずにビジネス学校やインターンが可能な学校に通うとか、選択肢は沢山あるはず。そういったことを考えることから逃げて「なんとかなる!」と思っても「なんともならない」のが現実です。

私はすぐに計画を変更し、ワーホリテンプレートを破り捨てました。数か月はひたすら勉強の日々でしたが、現地でインターンのお誘いがきたり、カナダ人に日本語を教えるボランティアをしたり、ローカルカフェでアルバイトをしたり、通訳学校に行ったり・・・と、当初には考えられないような経験をすることができました。

カナダのワーホリを成功させる秘訣は中学レベルの勉強+フィリピン留学による入念な準備

もし、これからカナダにワーホリに行く事を考えている人がいるのなら、最低でも日本にいる間に2週間だけでも集中して勉強をして、中学レベルの文法と単語を暗記しておくべきです。

その後、フィリピン留学に1~3ヶ月の短期留学をしてスピーキング、リスニングなどに慣れてからカナダに渡航するのがベストだと思います。

フィリピン留学は、全てマンツーマンレッスンですし何より費用が格段に安いです!
私が利用した0円留学は、現地でアルバイトをする代わりに学費・寮費が無料になるので、ほぼお金を使わず語学留学が出来ました。

セブ島なので治安も良く、直行便で5時間で到着するので移動時間が少ないのもポイントです。
留学というより、格安の英会話合宿に行く…といったイメージのが合っているかもしれませんね。

特にマンツーマンレッスンで習った、英会話におけるリスニングや発音などは、事前に勉強しておくといざ現地カナダに行った時に理解度が全然違います。
フィリピンの先生はプロですから、日本人の苦手なリスニング、発音をしっかり直してくれますよ。

もしワーホリまで時間があるのなら、フィリピン留学にはぜひ行っておきましょう

 私が利用した0円留学は0円留学のアーグスというサービスです。



アーグスは、現地のコールセンターでアルバイトを行うことで授業料や寮費が0円になるという、最も格安でフィリピン留学出来るサービスです。

語学留学が無料で出来る上にサポートも手厚く、治安の良いセブ島留学なので初心者の方でも安心して英語を勉強することが出来ます。

はじめて東南アジアに行くなら、安心して学校までつけるようサポートの手厚い&寮費と学費0円で留学出来るアーグスに申し込むのが一番だと思います。マニラ空港は、小銭を詐欺るオジサンや妙に馴れ馴れしい怪しい現地人が入り混じって、かなりカオスなので、エージェント選びは慎重にすることが大切ですよ。

フィリピン留学を考えているなら、ぜひ資料請求をして、検討してみてください。
資料請求をすると、3日以内に携帯電話に本人確認の連絡が来るので、そこで詳しい話を聞くと良いと思います。

最後になりましたが、私がワーホリで自分を変えられたのは、英語をひたすら勉強しつづけたからです。

一生懸命勉強する覚悟があれば、ワーホリは失敗しないのです。

ワーホリの保険の裏ワザ

ワーホリの海外保険について、クレジットカードの付帯保険を利用して安くする裏ワザがあります。
詳しくは下記の記事を参考にしてください。

www.hazimetetensyoku.com

1年ワーホリに行くと、保険料もバカになりません。ぜひ、この裏技を使って保険料を節約しましょう。

私と同じく、フィリピン留学に半年行った人の感想。
www.eigobenkyouhou.net