英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

TOEICのPart7の英語長文を時間内に解くためには速読のトレーニングが効果的

 TOEICのPart7は最も時間がなく、かつ読むべき英文量が多い難関セクションです。Part7を攻略するには、何より時間内に正確に英文の内容を把握する必要があります。
 たまに英文を飛ばし読みする人がいますが、TOEICのPart7は難化しており飛ばし読みでは対応出来ないようになってきています。小手先の技術ではなく、英文を速く読めるようにトレーニングをして、正攻法で正答率を上げていきましょう。

 ここでは、速読力を鍛える方法を書いていきます。



語彙を増やす

 分からない単語が1つや2つであれば文脈から理解することが出来ます。しかし、この数が増えれば増えるほど、英文がつっかかってしまい時間内に解けない可能性が増えてしまいます。
 TOEICはビジネス英語で使う単語が多く使われているので、頻出の単語をしっかりおさえておくと同時に、基本的な単語、熟語を把握しておかないと引っ掛け問題でミスをしてしまいます。語彙で引っかからなければ、英文を読むスピードは上がるので、単語力は速読にとても重要です。

 速読英単語シリーズなど、CDのついている単語帳を使って、素早く読み、耳で英語のリズムを覚えると目で追うスピードも速くなります。

長文をいっぱい読む

 長文読解に慣れていないと、速読は身につきません。
 英語は難しい文章をじっくり読むよりも、簡単な文章を素早く、多く読んだほうが速く読めるようになります。なので、自分のレベルより少し簡単な英文を大量に読んで、TOEICのPart7で必要な速読の基礎体力を作っておきましょう。

 オススメは英語長文シリーズや、基礎英語長文問題精講という長文の参考書です。

 それぞれ英語長文問題だけでなく、パラグラフごとに読む読解の基礎を教えてくれるので、しっかりやれば力になります。

テクニックだけではTOEICは伸び悩む

 よくTOEICはテクニックが必要と言われていますが、Part7に関しては英語の速読力と語彙力が物をいいます。Part7に取り掛かるときは、とにかく時間が少なく、時間配分に慣れていないと最後まで解けません。
 しかし、小手先のテクニックや飛ばし読みでは正答率は頭打ちになりますので、しっかり基礎体力と速読力をつけて総合的な英語力を鍛えて攻略しましょう。