英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

英語学習が続けられない理由。スピードラーニングやアルクの英語教材がどんなに凄くても継続しなければ意味が無い

http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/03/I5W2FO24SHBMt1x_3744.jpeg

 スピードラーニングなどの英語教材のCMを見ていると「自分にも出来そうだ」と思って手を出したものの、結局、続かなかったことってありませんか?

 英語学習だけでなく、ダイエットやジム通い、飲むだけでやせるサプリなんかも、結局、継続が出来ずに「効果が無かった」と愚痴をつくのが流れというか「あるある」ネタですね。

 英語学習でもダイエットでも、とにかく継続が大事と言われていますが、もっと大事なのは「なぜ英語を勉強するのか?」「英語を勉強をして何がしたいか」という目標・目的です。

 結論から入ってしまいましたが、英語学習を断念してしまう理由として、様々な理由があります。
 英語学習が続けられるか不安、高い教材を買うし続けたい、と思ってる方は参考にして下さい。


分からなくなって嫌になり辞める

「パソコンの勉強をしてアプリを作って稼いでやろう」

 なんて、サラリーマンの方は一度は思ったことがあるかもしれません。
 今やスマートフォンアプリは個人でも参入できる市場で、一攫千金の夢があります。

 しかし、いざプログラミングを勉強しようと思っても、チンプンカンプンで嫌になってやめてしまう…こんな流れは、日本中で山の数ほど起こっています。

 英語学習においても、いざ留学のため、キャリアアップのためにと英語を勉強しても、ブランクがある人ほど理解不能になって諦めてしまいます。

 これは、いきなり難しい参考書を使っているか、もしくは小さなステップを踏んでおらず、やみくもに勉強してしまっているため起こる現象です。

 「英語が使えるようになったら海外の専門学校に留学する!」
 といった大目標の他に「今月中に単語帳を半分終わらせる!」「来月のTOEICで500点突破!」といった中目標・小目標を設定しなければ、モチベーションはなかなか維持出来ません。

 出来ることを基礎から少しずつ築いていかないと、勉強も運動も続かないものです。
 特に英語は基礎の文法と単語をしっかりやっておかないと、何回スピードラーニングを聞いても英語は伸びません。

忙しいことを理由にやらない

 社会人になると、一気に時間がなくなります。また子育てをしている主婦の方、部活をしている学生の方も、なかなか学習の時間がとれないもの。
 そのため、ついつい英語学習を後回しにして、結局、全然勉強しないというパターンは失敗の王道ですね。

 時間というのは自分で作るものです。
 朝10分早く起きる、夜お風呂あがりに単語を眺める、などスキマ時間を作ろうと思えば、いくらでも作れます。

 忙しいを理由にするのは、単に時間がないのではなく、英語を学ぶ目的が弱いのだと思います。
 英語学習の目的を改めて考えましょう。

英語教材を「金の無駄」にしているのはあなた自身

 色々な英語教材を買ったけど、結局、金の無駄だった、という人がたくさんいます。彼らは声も大きく、高い教材のレビューなどに低い点数をつけます。
 しかし、実際は教材ではなく、その人自身のモチベーション管理が下手だったということが多々あるので、一概に教材を「詐欺だ」「効果がない」と決めつけるのはやめましょう。少なくとも、英語教材であれば、実際にやれば良し悪しは分かります。

 英語教材のレビューを気にする前に、自分が英語を学ぶ目的を改めて見なおしてみましょう。