英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

中学生の子供が英語を勉強しない原因は「中間テスト」という点取りゲームに参加出来ないから。子供の得意科目を英語にする方法

http://www.sample55.com/wp-content/uploads/918285_14318299-231x300.jpg

 あなたが中学生の時、英語は得意でしたか?

 思い返してみると、当時は「なんで日本にいるのに英語を勉強しなきゃいけないの?」と疑問に思ったこともあったと思います。
 大抵の親は「いいから勉強しなさい」「将来使うのよ」「旅行した時に大切」などたいした理由は言えていません。
 実際、大人になった我々も英語を学ぶ真の意味を見出だせていないことが多いのです。

 とはいえ、英語は高校受験、大学受験において配点の高い最重要科目です。理系にせよ文系にせよ、進学するのであれば英語からは逃げられません。
 英語は基礎が最重要な科目なので、中学生のうちから苦手科目になってしまっていると、高校生になった時にとても苦労します。

 中学生の子供に英語を勉強させるにはどうすればいいのか?
 その方法と英語嫌いの原因を考察します。



英語は意味不明だから嫌い!

 子供になぜ英語が嫌いかと聞くと「意味不明だから」と答えることが多いです。
 たしかに英単語や文法のルールが分からなければ意味不明です。私達がアラビア語を見て「意味不明」といっているのと同じですね。

 海外に憧れている子や英語が得意な子はともかく、英語嫌いな子供は英語が「意味不明」なので勉強しません。

 英語嫌いな子の多くは中学一年生でつまづいていることが多く、意味不明なまま二年生になり、更に意味不明になっているのです。そうなると、付け焼き刃で日本語訳を丸暗記するくらいしかテスト対策は出来ません。

 さて、多くの親御さんが勘違いしているのが、英語嫌いの子のレベルです。

 はっきり言いますと、彼らはまずBe動詞から勉強するべきです。
「中学二年生にもなってBe動詞なんて!」
 と思う方が多いかもしれませんが、英語嫌いの子に聞くと、ほとんどBe動詞から理解出来ていません。酷い子になるとAppleなど最初に学んだ英単語も抜け落ちています。

 塾に通っても、さすがにBe動詞から教えてくれるのは個別指導塾くらいで、集団塾に通ってもレベルが合わずお金の無駄になります。
 一度、その迷路にはまってしまうと、子供の頭のなかで「英語はどんなに勉強しても点が伸びない」と認識されてしまいます。

 当然ですが、Be動詞を勉強しただけでテストの点が伸びるのは中学一年生まで。
 中学二年生になると基本的な文法や単語を知らなければ点は伸びません。

 そうなると、テストという点取りゲームに参加出来ず、授業にも追いつけず、英語がとてもつまらないものになってしまいます。

 ある程度、我慢して基礎を学べば中学二年生レベルなんてすぐ追いつけるのですが、一度英語嫌いになってしまうとなかなか苦手意識は消えません。

 学校のカリキュラムでは、いきなりBe動詞に戻るわけにもいかず、学校は英語嫌いの子に何もしてくれません。

 そのため、家庭や塾での対策が必要になります。

10問の単語テストを反復させる

 まず塾を選ぶ時は、集団塾ではなく個別指導塾を選んで下さい。費用は高いですが、レベルに合わせてカスタマイズ出来ます。そしてコマは英語だけでいいです。
 そして、家庭内で10問の超簡単な単語テストを作って下さい。それを塾講師に渡し、やり方を家庭と塾で共通させてください。
(個別塾はこういったカスタマイズが出来るのでオススメです)

 単語テストには、大事なコツがあります。

1:単語だけを書くのではなく、短文形式で書く

 システム英単語のように、テストとなる単語を組み込んだ英語の文章を書いて下さい。
 例えば、月曜日(Monday)を覚えさせたいのなら

 I watch TV on Monday.
(私は月曜日にテレビを見ます)

 このように文章形式にして、日本語訳は月曜日の部分のみ穴にしてください。
 英語は慣れです。なるべく多彩な英文に触れることで、なんとなく文法ルールも分かる時があります。
 それは英文法を学ぶ時に役立ちます。

 多くの親御さんが英単語だけで覚えさせようとしますが、それは間違いです。
 文章の中で覚えなければ、単語というものは使えません。

2:紙を二つに折りたたんで、右側に答えを書く

 単語テストの答えはすぐ見れるようにしておかないといけません。
 英単語のような暗記ものは、数学のようにウンウンうなっても答えは出ません。
 覚えているかいないか、それだけです。

 なので、面倒な思考プロセスに時間と集中力をさかせないように、答えをすぐ見れるようにします。
 3秒考えて、分からなければすぐ答えを確認するというルールで行って下さい。

 こうすることにより、英語嫌いの子供でも負担やストレスが減り、英語が苦手という意識が少しずつなくなります。

3:日本語訳を答えさせる形式にする

 英語嫌いの子供にとって、スペルを暗記するのは何よりも苦痛です。
 しかし、日本語訳であれば、日本語での意味を思い出せばいいだけですから、負担はずっと軽くなります。

 スペルをひたすら書かせて、覚えられないと「何でこんなに書いてるのに覚えられないんだ!」と怒鳴られた経験はありませんか?
 英語嫌いの子供の根底にあるのは、実はこういった「やっても出来ない」経験なのです。

 そもそも英単語は1日では覚えられません。毎日パパっとやって、そのうち覚えていくといった長期的な暗記科目なのです。
 短期的に無理やり頭に詰め込んでも、あまり効果はありません。
 かえって「あんなに勉強したのに忘れた」というトラウマを植え付けることになります。

4:1週間で覚える単語は20個までにする

 単語テストは5個ずつでOKです。
 普通の塾などでは10個、20個と多めの英単語を課題にしますが、あれは間違いです。

 英単語をたくさん覚えなきゃ! というプレッシャーは英語嫌いの子供にとって最悪以外の何者でもありません。
 英語嫌いの子供には、5個ずつの単語テスト、なおかつ1週間で4種類(5単語×4)までにしましょう。

 また、英単語を無理に覚える必要はありません。

 見るだけ、見ただけでOKとします。
 正答率は3割程度でOKです。

 英単語テスト、と聞くと覚えなければいけないというプレッシャーを感じますが、実は英単語というのは何回も何回も繰り返し、その英単語と出会うことで自然に身につくものです。一回や二回の単語テストでは覚えられませんし、期待をしてもいけません。

 英語嫌いの子供は、まず「英単語テストを10分だけやった」だけで褒めてあげましょう。

5:復習を重視する

 1週間で4種類の単語テストを作ったら、なるべく使いまわしてください。
 例えば、1日目で使ったテストは3日目にもう一度やらせる、といった風に1日起きに確認してください。

 どんどん新しい単語を増やしていくのではなく、復習を中心にして少しずつ覚えさせましょう。
 英語嫌いの子供に次々と新しい英単語を教えるとパンクしてしまいます。

学校の授業やテストは無視しよう

 学校の授業やテストは、基礎に穴がある英語嫌いの子にとってつまらない時間以外の何者でもありません。テストも同様で、基礎が抜けているのに出来るわけがありません。英単語の語彙もまだまだ足りないことが多いです。

 なので、あえて学校の授業やテストの点数は無視しましょう。

 中学レベルの英語は、その気になれば1~2ヶ月で中3まで終わらせる事が出来ます。
 実際、進学校の中学生は、中学3年生の時点で高校生レベルの英語、受験基礎英語レベルを勉強しています。

 日本の英語の授業の進行速度はびっくりするくらい遅いです。
 逆に言えば、追いつくのは簡単なのです。付け焼き刃でテスト勉強をするくらいなら、基礎を固めることを重視しましょう。

子供のやる気を引き出す技術を学ぶ

 子供が勉強しない環境を親が作っていませんか?
 英語にかぎらず、勉強嫌いの子供はなかなか勉強に手を付けません。

 やる気は親が引き出すことが出来ます。
「勉強しなさい!」と言うのではなく、まず親が子供のやる気を引き出す方法を勉強しましょう。
 オススメのコーチング本はこちらです。

英語嫌いは1ヶ月で治せる

 いかがでしたでしょうか?
 英語嫌いの子に学習させるコツは、とにかくプレッシャーを与えないことです。
 毎日10分、5分でもいいので、超基礎的な英単語テストをやらせるだけでも、グンと英語に対する意識が違ってきますよ。