英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

現代文を勉強しないと英語の成績も上がらない。英文読解に日本語の文章読解力が必要な理由

http://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/chu24/subject/images/img_japanese.jpg

 国語は無勉強でも行ける、というのは学生の間でよく言われていることですが、実際は文章を読解する能力をしっかり国語で勉強しておかないと、英語で躓く可能性があります。

 大学受験などで使われる英文は、学術的、政治的な、難しい内容のことも多く、日本語でも理解するのが大変です。
 それを限られた時間内で読解していく必要があるため、現代文の学習は英語を学ぶ上で必須です。

 では、文章の読解力はどのように身につければいいのでしょうか?

 具体的な方法を見て行きましょう



新聞・本・漫画を読む

 当然ですが、学術的な内容や論理的思考力は読書によって身に付けることが出来ます。
 論理的思考力は、単純に言ってしまえば「AだからB」という根拠付けをした考え方です。現代文の勉強ではこの考え方が大切で、現代文の参考書ではもっぱら出てくる言葉です。

 この論理的思考力に加えて、日本語の語彙力を増やす必要があります。
 論理的、倫理的、自然的といった馴染みのない単語の意味を理解するには、新聞や本、雑誌、漫画などから理解するのが最も楽です。

 昔は漫画は学習にならないと言われてきましたが、漫画はジャンルが幅広く、使われている語彙はとても多いです。また、基本的にキャラクターは論理的に動くため、論理的思考力の基礎を学ぶことが出来ます。

 小説や新聞は、政治経済の基礎を学ぶことが出来ます。
 英語長文では経済の問題や差別の問題を取り上げることが多く、社会に対する知識の有無で読解力に差がつきます。

現代文の勉強をする

 日本語の読解力は常日頃からどれだけ文章を読んでいるかに左右されるため、一日二日では身につきません。
 論理的思考力をしっかり身に付けたい場合は、現代文の参考書を読むと良いと思います。

 出口先生の現代文読解がオススメです。
「しかし」「一方で」など接続後に注目して、文の構成を理解する方法は英文読解でも通用するので、どうしても英文読解が苦手な人は、現代文の勉強もかねて、現代文の参考書を勉強するとグンと点数が伸びます。

言語に慣れ親しむことの重要性

 残念ながら、勉強嫌いの人のほとんどは語彙が少なく、論理的思考力が欠けています。「なぜ」こうなるのか。「なぜ」自分はこれをやらなくてはいけないのか。
 そういった何かに疑問を抱き答えを求めることが学習の基本です。

 その点で、子どもの教育には読書が大切というのは正しいといえるでしょう。

 漫画やゲームを規制する動きもありますが、こういったエンターテイメントは語彙や論理的思考力を伸ばすのにとても役立っているのです。
 英語を学ぶ際には、こういった言語力を意識しておくと、点数が伸びなくなった時のヒントになるはずです。