英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

英単語学習において一番大事なことは前日の復習。英単語は朝夜の10分間の復習で簡単に覚えよう

http://www.sis118.org/img/20130827_101743.jpg

 英語は日本人にとって新しい言語であり、語順や発音、文法に至るまで日本語と全く異なります。

 そのため、前置詞や熟語、英単語など慣れることや覚えることがたくさんあります。
 しかし、中学や高校では、ついついテスト範囲だけを虫食いで勉強してしまったり、単語帳を途中までやったのに放り投げてしまったり、効率的に勉強出来ないことが多いと思います。

 そこで、面倒で覚えることの多い英単語を、効率よく覚えるコツを教えます。



英単語をノートに書くな!英単語は見て覚えよう

 英語は英単語が分からなければ意味不明で、テストの点はちっとも上がりません。六角鉛筆でコロコロやっていても30点台でしょうし、やはり分からない単語を少しずつ埋めるべく、英単語をコツコツやるのが一番の勉強法です。

 ところが、英単語を覚えるのが苦痛という人が大勢います。
 この原因は、英単語のスペルとローマ字の読み方が違うため、スペルをなかなか覚えられないというのが一つあると思います。

 英単語を覚える際に、ノートにひたすら書きまくるという学習法がありますが、あれは効率が一番悪い方法です。
 スペルを覚えるのにも、英単語の意味を覚えるのにも最悪の一手といっても過言ではありません。

 手書きは時間がかかる上に、英単語を記号的に覚えてしまいます。
 例えば「みかん」という日本語を覚えようとする時、みかんみかんみかん……と呪文のように書き続けていると「そもそも、みかんって何?」とゲシュタルト崩壊が起こります。

 英単語は言葉です。意味を理解して使わなければ、覚えることは出来ません。

 みかんという単語を覚えるなら「みかんは甘くて美味しい」「みかんは果物である」「冬にコタツでみかんを食べるのは最高だ」といったように文章の中で覚えるほうがずっと楽なのです。

 なので、英単語を暗記する時は、文章で覚えるタイプの英単語帳を使って下さい。

 さらに英単語を勉強する時は、書かずに目で見るだけでOKです。
 声を出したり付属CDを使って耳で覚えると更に効率が良いのですが、電車内やカフェ、自習室で勉強する時は目で読むだけでいいのです。

 目で見る勉強法は、書いて覚えるよりもずっと時間の短縮になります。
 手で10回英単語を書くよりも、目視を10回繰り返したほうがずっと暗記効率がいいです。

 文章で覚えるタイプの英単語帳をいくつかあげておきます。

システム英単語

 短い英文で覚えるタイプの英単語帳です。中学レベルのベーシック版と大学受験レベルの通常版があります。
 良書なのですがパッケージデザインが変更になり、何だかダサい広告のようなカバーになってしまいました……。
 中身はしっかりしているので、デザインについては目をつむりましょう。

・速読英単語

 長文の中から英単語を覚えるZ会の英単語帳です。
 CD付きで覚えやすく、英語の総合力をアップしてくれるのですが、英文法や英語長文読解に慣れている中級者向きなので、初心者はシステム英単語を使いましょう。
 基礎のできている中級者以上であればリスニングも鍛えられる良書です。

・DUO3.0

 偏差値60オーバー、TOEICスコア600点以上を狙うなら必見の、上級者向け単語帳です。
 単語だけでなく熟語、口語表現も含んでいるので、英語力がグンとアップします。
 しかし、使われている英単語や英熟語は難しいので、初心者は太刀打ち出来ないでしょう。

 ワンランク上の英語力がほしい人にはピッタリの英単語帳です。

朝と夜の10分間だけ英単語を勉強する

 英単語の勉強はなかなかモチベーションを保つのが難しいですね。なにせ単純作業ですし、問題を解くわけでもなく、かつ未知の単語を頭に叩きこむのだから疲労感も大きい。

 そこで、朝と夜、10分間だけ英単語の勉強をしましょう。
 夜に英単語帳を新たに2ページやったら、朝は昨夜に覚えた2ページを復習する。

 その繰り返しだけでいいのです。
 時間がなければ、英単語のスペルと意味をパパっと目視するだけでOK。

 通学通勤の10分間だけやる。
 これを平日毎日繰り返せば、1~2ヶ月で英単語帳が一冊終わってしまいます。

 英単語の暗記みたいな単純作業は、とにかくスキマ時間に短時間でササッとやるのを繰り返すと良いでしょう。
 一番ダメなのが、1時間ガッツリ英単語をやって、次の日は全くやらない…といったような投げっぱなし、毎日やらない勉強法です。

 暗記は復習が命です。

 人間の記憶は繰り返し見たもの、聞いたものを覚えます。
 一度きりで暗記が出来る人はそうそう居ません。

 朝夜10分間、コツコツと英単語を進めましょう。
 大切なのは、10分以上やらない! と決めたらやらない。やらない勇気を持つことです。

 まだまだ英単語に手をつけていない人は、早めにコツコツ英単語の語彙を増やしておきましょう。