英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

半年間のフィリピン語学留学体験談。フィリピン留学のメリット・デメリットを教えます

http://ph.access-a.net/image/384x268xph_flag_3.jpg.pagespeed.ic.VzO3YzIYX2.jpg

 フィリピン語学留学って知ってますか?
 たまにテレビで取り上げられていますが、まだまだ知名度が低く「フィリピンで英語なんて勉強出来るの?」という人がほとんどだと思います。

 実際、私もフィリピン留学に行く前は「フィリピンってフィリピンパブの?」と、そんなイメージしか無く、正直いって興味もわきませんでした。

 しかし、留学費用が語学学校の代金と3食寮付きの生活費含めて1ヶ月8万円という衝撃的な値段を見て、とたんに興味を持ちました。
 1ヶ月8万円。これがカナダやアメリカ、オーストラリアだったら少なくとも1ヶ月15万円以上はします。留学費用は半額以下、それも半年間留学するなら、その差は歴然です。半年間なら100万円以上が相場の語学留学において、フィリピンでは50万前後でいける計算になります。

 しかも、よくよく調べてみると授業はほぼマンツーマン。
 カナダやアメリカ(以下略)ならマンツーマンは高額の授業料を払ってようやく受けられるリッチなものであり、フィリピンやべえ! と調べれば調べるほど驚きが見つかりました。

 そして、私はフィリピン留学を決意し、半年間、フィリピンのバギオという地区で英語を学びました。
 フィリピン留学に興味がある人に向けて、その実体験をお知らせしたいと思います。



衝撃的なフィリピンの物価の安さ・授業料の安さ

 留学に1ヶ月でかかる費用が8万円以下ってどういうこと? と思い調べてみると、フィリピンは東南アジアなので物価が安いため留学費用がおさえられると知りました。特に人件費は激安で、英語教師の一ヶ月の給料が2万円と日本人感覚でいえばあり得ない給料に設定されています。

 フィリピンでは他にもタクシーは日本円に換算して300円だったり、ご飯が1食200円だったりと全ての物価が日本の半分以下です。唯一、SMモールというフィリピン最大のデパート(フィリピンのイオンみたいなもの)では日本食のカツ丼が500円だったり、物価が先進国のちょい下クラスですが、とにかく物価が安いです。

 最初は、あまりの安さに詐欺か何かではないかと思っていたのですが、納得しました。
 東南アジアの旅行がバックパッカーに人気の理由が分かります。

・補足

 2015年現在は円安のせいで留学全般の値段が上がっているようです。
 それでも、まだまだフィリピン留学は安いですが、為替レートの変動には気をつけて下さい。

衝撃的なフィリピンの英語力の高さ

 そもそもフィリピンではタガログ語という公用語があります。なのに、なぜ国民のほとんどが英語を使えるのか?
 歴史を紐解くと、フィリピンは英語圏であるアメリカの植民地であった時代が長く、英語が浸透したようです。また、日常生活で英語が溢れており、本屋に置いてある書籍もほとんどが英語で書かれたものです。
 英語が使えない=日本で言う漢字の読み書きが出来ない、という認識が近いと思います。

 小学校から教科書や授業で英語が使用されており、英語が使えないと就職もままならないようです。

 そのような背景があって、フィリピン人にとって英語は我々の漢字のようなものなのです。
「日本人はどうして漢字が使えるの?」と聞かれても困るように、彼らも英語が喋れるのが当然のことなのです。

語学学校の先生は高学歴エリートばかり

 語学学校の先生は基本的に大卒で、その中には超エリートも多いです。
 元銀行マンだったり、フィリピンの東大卒だったりと、こちらが申し訳なるくらい頭の回転の早い人が多かったです。
 その理由は、基本的に日本人や韓国人などを相手にした語学学校は給料が良く、フィリピン人の就職先としてはそこそこ人気のようです。

 特に看護師を目指していた人が多く、なぜ? と聞いてみると

「政府が一時期、看護師を育成する法律を打ち出して看護師を優遇していたの。
 けど、今は看護師が余っちゃって、その優遇もナシになっちゃって
 私達ナースは就職難になっちゃったの。
 だから先生をしているのよ。
 就職しやすいからってナース科に進めた親をちょっと恨んでるわ(笑)」

 という切実な事情が……。
 とはいえ、英語教育が好きで英語教師をやっている人も多く、基本的に頭のいい先生ばかりです。
 語学学校の先生のTOEICは平均して900らしく、TOEIC対策もドンとこい! という人が多いです。

人懐っこいフィリピン人と恋愛発生率の高さ

 フィリピン人は基本的に人懐っこいです。ホテルのガードマンやコンビニの店員さん、警備員などみんな気軽に話しかけてきたり、声をかけると笑顔で色々話をしてくれます。
 驚いたのが、仕事中でも堂々と話しかけてきたり、雑談をするため、日本とは違うカルチャーにちょっとびっくりするかもしれません。古き良き日本の下町に雰囲気や文化が似ています。
 タクシーのおっさんもお喋りが多く、日本のいすゞ自動車は最高だ! とかマニアックな話をされてめんどくさかったです(笑)。

 しかし、今の日本ではなかなか味わえない雰囲気で、フィリピンにいる間は心が綺麗になった気がします。また、必然的に会話は英語になるので、英会話の勉強になるのも嬉しいですね。英語をしゃべり慣れていない留学初期は焦りますが(`・ω・´;)

 あと基本的にフィリピンの男はチャラいです。フィリピンは女性人口の方が多く、女性が働き男は昼間からぶらぶらしているという家庭が多いらしく、男性有利の恋愛市場のようで、男は暇があれば仕事中でもナンパしてきます(笑)。

 メアドを聞いてきて、教えると毎日ポエムが送られてきます。語学学校の友人も警備員にナンパされ、毎日ポエムが届いてうざいと言っていました。
 彼らにとってナンパはダメ元で当たったらラッキーくらいの意識なので、女性陣はナンパされても興味がなければ軽くスルーしましょう。

 女性は綺麗な人が多く、男性陣は色めき立つことが多いです(語学学校の先生は9割が女性です)
 語学学校の先生とこっそり付き合っている人もおり、なにしに留学しに来たのだと言いたくなるようなゴシップがしばしば流れてきます(笑)。マンツーマンのレッスンで、若い男女の組み合わせだと、どうしても恋愛は避けられないのでしょうね。

 フィリピンの先生は20歳前後が多いですし、先生側も恋愛には興味MAXな時期のようです。
 もちろん、学校は先生と生徒の交際を禁じていることが多いですが、まあ障害があればあるほど燃えるのが恋愛なので完全に封じることは不可能でしょう。

 などなど、色々と人間関係が濃いフィリピンですが、それもまたフィリピン留学の楽しみといえるでしょう。

フィリピンの治安について

 フィリピン留学で最も気になるのが治安です。
 正直言って、空港のあるフィリピンの首都マニラは世紀末都市です。

 慣れてしまえば、なんてことはありませんが、まず空港におりた際の「困ったことはないか?」と声をかけてくる小銭稼ぎ集団が面倒臭いです。彼らは空港スタッフのくせに携帯電話を無理やり貸して使わせて日本円を要求してくるプロの押し売り商売人です(笑)。

 危険性はないのですが、飛行機を降りて速攻でボッタクリという環境に帰りたいゲージが一気にMAXになることは間違いなしです。

 マニラで一番多いのはボッタクリです。
 まあボッタクリといっても日本円に換算したら1000円~2000円のボッタクリなのですが、やはり気持ちのいいものではありませんね。

 私も帰国時のタクシーで

「日本に帰国するならペソをもらってあげよう」

 とか意味不明な提案を受けたりして、思わず苦笑いでした。
 彼らもダメ元で提案しているのですが、アホな日本人は1000円くらいなら、と払っちゃうので、こういうボッタクリが無くならないのですね。

 さておき、フィリピンの治安は気をつけていれば問題ないレベルです。
 私の行ったBECIという語学学校はバギオというマニラからバスで6時間ほどの北部にある地域だったのですが、バギオはフィリピンでも治安がよい地域で、とても快適に過ごせませした。タクシーのボッタクリもありませんし、フィリピンの有名な大学や病院があるので安心して学生生活を送れました。

 マニラは空港に近くて良いのですが、いかんせん治安が世紀末都市レベルなのと、とにかく気温が暑いのが最悪です。
 なので、私はマニラ以外の地域の学校に行くことを進めます。

フィリピンの気温について

 マニラはクソみたいに暑いです!
 日本の夏と変わりません。立ってるだけで汗が出てきます。
 マニラの語学学校は基本的にクーラーが入っていますが、それでも外出時は辛いと思います。

 私の行ったバギオは気温が1年を通して日本の秋くらいで、雨が降ると肌寒いくらいだったので、とても快適に過ごせました。
 しかし、梅雨の時期が長く、台風が来た時は学校が休みになるだけでなく外に出るのも大変なので、台風シーズンは避けた方が無難です。
 私は5月から11月までいましたが、9月ごろが一番台風シーズンだったので、9月は避けたほうがよいでしょう。

 フィリピンだから暑いだろう、と上着を持って行かなかったところ、大変苦労しました。
 バギオがまさかあんなに寒いとは! マニラが沖縄ならバギオは軽井沢くらいの気温差がありました。

 寒さ問題に関しては、ナイトマーケットという夜に開催されるフリーマーケットで500円くらいでジャンパーを買えたので無事解決しました。
 使い捨て前提なら、フィリピン現地で色々安く揃えられます。

フィリピンの語学学校での授業について

 最初は学校がおすすめのカリキュラムを教えてくれますが、基本的に自分でどの授業を受けるか決めることが出来ます。
 また、全ての授業は英語オンリーで、日本語で何か言っても意味ないです。強制的に英語で意思疎通を取らなければなりません。

 はっきり言って英文法の授業は英語で学ぶと死ぬほど分かりづらいので、授業は「発音」「フリートーク・ディスカッション」「リスニング」「TOEIC対策・IELTS対策」などがオススメです。

 英文法や英単語なんて自習でいくらでも出来ますし、わざわざフィリピンにいって教わることではありません。
 留学先で学ぶべきは生の英会話です。発音の授業もフィリピンの先生から教わったほうが効率的です。
 TOEIC・IELTS対策は日本で受けると高額ですが、フィリピンでは格安です。資格取得目的なら、ぜひ受けておきましょう。

 ちなみに、フィリピンの先生が言うには、英語初心者(ビギナーレベル)に教えるのが一番難しいとのことです。
 皆さん留学前に中学レベルの英文法と単語だけは覚えていきましょう! 先生が頭を抱えてしまいます。

フィリピンでの寮・三人部屋・シャワーについて

 フィリピンの語学学校では基本的に寮生活をするのですが、一人部屋や三人部屋などを選ぶことが出来ます。私は値段が安く、何かあった時でも誰かに頼れる三人部屋を選びました。
 韓国人の方と同室だったのですが、最初は韓国なまりの英語が聞き取れずボディランゲージで会話をしていましたが、トラブルも無くむしろ良き友人として貴重な時間を過ごす事が出来ました。
 お互いの語学力が伸びてからは英語でコミュニケーションが出来て、お互い第二言語で会話するという日本人同士の部屋だったら出来ない経験でした。

 友人は日本人同士の三人部屋だったのですが、それはそれで楽しそうでした。ただ、別の友人の部屋ではトラブルがあり部屋替えがあったそうです。なんでも、いびきがうるさくて寝れないとか何とか(笑)。
 どちらが良いというよりも、同居人によると思います。

 シャワー・トイレなど設備面について。

 三人部屋でもシャワー・トイレは二つずつ用意されているため、トイレが混雑するなどのトラブルはありませんでした。
 ただ、シャワーはお湯が1分ほどしか持続して出ないため、カラスの行水は必須だったので女性陣は辛そうでした。停電も多く、授業中に停電するとロウソクが灯るというアナログな方法がとられます。ナポレオンになった気分になれます(笑)。

 ガスや電気関連のインフラは、フィリピンはまだまだ未発達なことを覚悟してください。
 日本に帰国して、いかに先進国のインフラが凄いかを実感しました。

結局、フィリピン留学は効果があるの? 楽しいの?

 結論から言うと、お値段以上の留学が出来たと思っています。
 英語に関しては、マンツーマンで高学歴の先生から英語が学べて、授業料も安いのでみっちり授業を入れることが出来ます。
 フィリピンに来る留学生も、本気度が高い人が多く、先進国の語学学校にありがちな「なんちゃって留学」「ボンボン・お嬢様留学」の割合が非常に少ない、というかほぼゼロでした。日本人も変わった人が多く、世界一周旅行やインド修行、バックパッカー、ワーホリの準備組など、一癖も二癖もあり話をしていて色々と衝撃を受けました。

 留学生は皆、自立した性格の、大人な人が多かったです。
(自主的に治安リスクのあるフィリピン留学を選ぶ時点で、肝が座ってる人しか来ないのでしょう)

 先進国に留学にいった人の中で多かった不満が、ゆとり留学生や常識のないボンボン留学生についての苦情でした。
 なんというか、東南アジアはインフラや環境が貧しい分、良くも悪くも人の心が美しい? 気がするので、合う合わないは極端だろうな、と思いました。

 最初は不安だらけのフィリピン留学でしたが、私は留学としても楽しめましたし、英語学習としても非常に満足出来る結果でした。
 20代~30代の生徒だけでなく、50代60代の意欲の高い学生さんもおり、世代を超えて青春を満喫することが出来ました。

 ワーキングホリデー前の英語準備や本気の語学留学をお考えの方は、ぜひフィリピン留学をオススメします。
 英語だけでなく、もれなくサバイバル能力が身につきますし、フィリピン留学後はマレーシアやミャンマー、カンボジアなどの東南アジアへの旅行にも抵抗がなくなると思いますよ。

安くフィリピン留学をするなら0円留学のアーグスがオススメ!

 私がフィリピン留学した時は円高だったので、月8万円と非常にやすかったのですが、今は1ヶ月食費寮込み15万円ほどかかります。しかも、酷い会社だと、ピックアップに日本人マネージャーでなく日本語の出来ない現地バイトを寄越す会社もあります。まさに安かろう悪かろうです。

 そこで、私が利用した中で、費用が安くサービスも充実している、おすすめのフィリピン留学のエージェントは0円留学のアーグスです。



 帰国後、またフィリピンに語学留学したいなー、と思っていた時に「次はセブにしよう!」と思ったのですが、どこも円高&物価高で非常に高い!
 そんな時、アーグスの0円留学を見つけて申し込みました。

 アーグスは、現地のコールセンターでアルバイトを行うことで授業料や寮費が0円になるという、最も格安でフィリピン留学出来るサービスです。

 語学留学が無料で出来る上にサポートも手厚く、治安の良いセブ島留学なので初心者の方でも安心して英語を勉強することが出来ます。

 はじめて東南アジアに行くなら、安心して学校までつけるようサポートの手厚い&寮費と学費0円で留学出来るアーグスに申し込むのが一番だと思います。マニラ空港は、小銭を詐欺るオジサンや妙に馴れ馴れしい怪しい現地人が入り混じって、かなりカオスなので、エージェント選びは慎重にすることが大切ですよ。

 フィリピン留学を考えているなら、ぜひ資料請求をして、検討してみてください。

 0円留学のアーグスに資料請求すると、3日以内に携帯電話に本人確認の連絡が来るので、そこで詳しい話を聞くと良いと思います。

 なお、留学時の海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険を利用することで安く出来るテクニックがあります。
 詳しくはこちらを参考にしてください。

www.hazimetetensyoku.com


 ちなみにフィリピンでクレジットカードが使えるのはSMモールというイオン的な巨大デパートだけでした。
 向こうはまだまだ現金主義のようですよ。

カナダワーホリを成功させる方法についてまとめました。
www.eigobenkyouhou.net

パソコンを持っていない方、留学用に安い2台めのノートパソコンを買おうと思っている方向け。
3万円以内で良いノートパソコンを選ぶ方法と、オススメのパソコン専門ネットショップの紹介です。
フィリピンでは電圧が安定していないので、メインパソコンを壊したくない方はぜひどうぞ。
(私のパソコンは平気でしたが、友人のPCはフィリピン以降、調子が悪くなりました。)

www.hazimetetensyoku.com