英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

TOEICで600点以上を習得するメリット。履歴書に書けるレベルは600点以上

 就活生や社会人の資格習得というと、しきりにTOEICをすすめられますが、はたしてTOEICスコア習得は具体的にどれくらいメリットがあるのでしょうか?
 また、履歴書に書けるのは何点以上からなのでしょうか?

 結論から言うと、履歴書に書いてメリットが出るのはTOEIC600点以上です。

 その理由を見ていきましょう。



TOEIC600点が英語が出来る人の基準ライン

 英検と違い、スコアが何点でも書くことが出来ますが「この人は英文でメールのやり取りが出来るな」と思われる最低スコアが600点です。

 英語を使う仕事、海外とやり取りが必要な仕事はたくさんあります。

 しかし、皆がイメージするようにバリバリ英会話を使って営業! といった仕事ばかりではなく、例えば外資系企業の総務などであれば、本社の人が日本に来る際の案内や海外に出向く営業さんのホテルの予約など、基本的な英語が出来れば可能な仕事がたくさんあります。

 TOEICスコアが600点以上あると、英文のやり取りが出来るので総務的な仕事もできると判断され、非常に重宝されます。
 意外とTOEIC600点を持っている人はいませんし、いても人材の取り合いになることが多いです。

 TOEIC700点以上になると電話応対、翻訳、資料の読解などさらにレベルアップした仕事を任されます。
 TOEIC800点以上になると転職市場での価値が大幅にアップするため、年収もアップします。TOEIC800点以上で激励金を出す企業も多くなってきました。

 英語力を測るという意味で、TOEICをとるメリットはとても大きいのです。

実践的な英語の資格ならIELTSか英検準一級

 しかし、TOEICはスピーキングがなく、リスニングも簡単だと言われています。
 もしスピーキング中心の英語力を示したいのなら、IELTSや英検をとると良いと思います。どちらもTOEICよりスピーキングが重視されており、より実践的な資格になります。

 IELTSは海外の大学に留学する時にも必要で、IELTSスコアが6.0以上であれば英会話が出来ると判断されます。

 もしTOEICだけで不安ならば、IELTSを受けてみるのも良いと思います。
 IELTSは英語を使う会社であれば必ず知っている資格です。もしIELTSを知らない会社であれば、そこでの仕事では、ちょっと英語は期待出来ないかもしれません。

 IELTSの具体的な学習法に関しては下記の記事を参考にして下さい。
www.eigobenkyouhou.net

TOEIC600点は難しくない

 TOEIC600点と聞くと難しそうに思えますが、実は基本的な英語学習を3ヶ月、TOEIC対策を1ヶ月ほどやれば習得可能なレベルです。
 社会人の方でも、働きながらの勉強で1年かからず到達出来ると思います。

 大学受験でいうと、偏差値55程度の英語レベルがあれば取得出来るでしょう。

 難しくなってくるのは700点以上で、700点以上になってくると、急にスコアの伸びが鈍化していきます。

 なので、TOEICを受ける際の目標は600点にしましょう。

「TOEICを受けたことがない」
「何から勉強すればいいのか分からない」

 という人は、まず「TOEICテスト実践勉強法」を購入して一読することをオススメします。


TOEICテスト990点満点取得者で英語講師の石井辰哉氏が、
TOEICの学習法と試験対策を惜しみなく披露している本です。

本書では
・ボキャブラリー編
・リスニング編
・文法編
・読解編
の大きく4つの章に分けて構成されています。
学習法としては英文をセンテンスごとに正しく捉えることをテーマにしていますが、
それ以外にも実践的なテクニックが多数掲載されています。

例えばリスニングの練習の際は
*ヘッドフォンを使用しない
*音を小さくして聞く・うるさいところで聞く
ことを推奨しています。(98P)
これは、実際の試験では隣の人が咳払いをしたり、イスをぎしぎしさせたりしても、
乱されずに集中するためのテクニックです。

また、回答をする際には、
PART1(A‾Dの4択)
(A)‾(C)まで聞いて正当があった場合→その選択肢が正答
(A)‾(C)まで聞いて正答がない場合→(D)が正答
と最後まで聞かずに回答することで、スムーズに回答でき次の問題も集中して聞きやすくなるといいます。

 TOEICは対策が容易なペーパーテストなので、ぜひ実践テクニックを会得して点数を上げましょう。

 TOEICスコアの伸ばし方は下記の特集記事を参考にしてください。
www.hazimetetensyoku.com


 また、TOEIC600点あると転職でも今までになかった求人に出会えると思います。

TOEIC600点以上ある人は転職エージェントを利用して外資系に転職出来る

 TOEIC600点以上のスコアを持っていると、転職サイトなどで優遇を受けることがあります。
 その代表例として転職サービス最大手のリクルートエージェントでは、TOEIC600点以上の求職者をハイレベルプレイヤーとして区切っており、彼らには外資系企業や貿易、商社など海外と関わりのある企業の求人を紹介してくれます。

 英語力が必要な仕事といっても、英文メールのやり取りだけの場合だったり、海外営業でバリバリ英会話を使うケースもあるため一概にTOEIC600点=ハイレベル求人に内定とは言えないのですが、それでもTOEIC600点を境に求人数がグンと多くなります。

 TOEIC600点以上を条件にする企業は待遇が良いことが多く、年収テーブルも高いので、ぜひ積極的に応募しましょう。

 外資系企業への転職やメリット・デメリットは下記の関連記事を参考にすると良いでしょう。

www.hazimetetensyoku.com

www.hazimetetensyoku.com

www.hazimetetensyoku.com

 以上、TOEICで600点以上を取得するメリットでした。

留学なら格安のフィリピン留学に行くことのオススメ

 語学留学なら、格安でマンツーマンレッスンが出来るフィリピン留学がオススメです。
 フィリピン留学の体験談と効果は下記の記事を参考に指定下さい。

www.eigobenkyouhou.net