英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

留学を意識するなら発音のトレーニング必須!世界に通じないカタカナ英語

 大学受験などで英語の勉強をした時、発音って勉強した記憶はありますか?
 現代の日本の受験英語では、発音は軽視されています。それはペーパーテスト中心でスピーキングやリスニングの配点比率が低いためです。

 しかし、留学やIELTSなどのスピーキング有りの試験、海外ビジネスなどで使うビジネス英語を習得しようとなると、発音の勉強が必須だということが身にしみて分かります。

 なぜ日本人のカタカナ英語は通じないのでしょうか?
 どうやって発音の勉強をすればいいのか?

 そんな疑問にお答えします。



英語の発音はカタカナでは表記出来ない。

 例えば英語のthをカタカナでどう表記しますか?
 スゥ、シッ、など無理やり当てはめても、thの発音を知っている人なら、いまいちしっくり来ません。

 日本人のrの発音はlになる、というように、英語には日本語に存在しない発音がたくさんあります。それを知らずにカタカナ英語で音読練習をしていると、カタカナで考える癖がついてしまいます。

 受験英語ならともかく、将来、世界で活躍したい、ビジネスで英語を使いたい、留学をしたいと思っているのなら、しっかり発音の練習をしておきましょう。

発音の参考書をやる

 発音の参考書は、今までなかなかありませんでした。というのも、発音は動画などで見ないと学習できず、テキスト形式の参考書では習得が難しいのです。
 英会話の学校や留学先の語学学校では、発音のクラスがありネイティヴスピーカーから発音を学べますが、近年では独学用の発音教材がたくさん出てきました。

 おすすめは英語耳という参考書です。

 Amazonレビューにもある通り、発音の初期に出た良参考書で、今でも発音の参考書の定番として名前が上がる名書です。
 CD付きなので、参考書とリスニングで正しい発音をしっかり学ぶことが出来ます。

オンライン英会話も活用して発音を鍛えよう!

 今はPCとヘッドセットがあればSkypeを利用したオンライン英会話で発音を鍛えることが可能です。
 オンライン英会話は従来の英会話と比べて圧倒的に安く、マンツーマンレッスンなのでしっかり英語を勉強することが出来ます。

 レッスン内容もカスタマイズ可能で、発音をしっかりやりたい! と伝えれば発音に集中してレッスンを受けることが出来ます。
 オンライン英会話は各社がこぞって進出していますが、サービスと値段が一番ベストなのはDMM英会話です。
 オンライン英会話の中では後発ですが、大手動画配信サイトのDMMは資本力があり、オンライン英会話の評判はとても良いです。

 無料体験も可能なので、まだオンライン英会話をやったことない人もぜひ試してみることをオススメします。

DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!




留学先で発音ギャップにあわないために国内で練習を!

 留学をした人の多くが最初に驚くのが「英語が通じない」ことです。
 日本人のカタカナ英語の発音は、英語とは大きく異なる発音であることが多く、まったく通じないこともあります。

 例えば「セブンイレブン」は英語で発音すると「セヴィンイレヴィン」のようにVの発音を意識しないと聞き取ってくれません。

 最低でも日本人の苦手なLとR、V thの発音を予習してから留学に挑みましょう。