英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

英語の勉強は中学レベルの英文法からスタートしよう!英語初心者におすすめの英文法の参考書

 英語学習をはじめる時に、いきなりForestのような分厚い英文法書や高校レベルの文法書を使っていませんか?

 実は、英語で使われるほとんどの文法は中学校で習っています。
 それなのに、多くの人が「中学レベルの英語は理解している」と思い込んでしまっています。

 基礎をおろそかにすると、どこかで必ずつまづいてしまします。
 中学レベルの英文法書であれば2週間から1ヶ月ほどで勉強出来るので、英語の勉強をはじめるなら、まず中学レベルの英文法を復習しておきましょう。



中学英文法はBe動詞から過去分詞まで盛りだくさん

 おすすめの参考書はくもんの中学英文法です。

 基礎的なところをバッチリ抑えており、イラスト込みで見やすく、量も2週間~1ヶ月で終わるくらいなので最初の参考書にピッタリです。
 これを一冊こなせば、中学英文法をしっかり身につけることが出来ます。

 それと合わせて、くもんの中学英文読解もこなしていきましょう。

 くもんの中学英文読解は、中学英文法と中学レベルの単語が組み込まれた英語長文読解の参考書です。

 英語の学習で大切なことは、まず英語に慣れること。
 文章読解の参考書なので英語の量は多いですが、ほとんどが初心者レベルの文章で、くもんの中学英文法で学んだ事を確認、定着させるのにピッタリです。

 中学レベルの英単語もうろ覚えだ、という方は中学レベルの単語帳も並行してやっておきましょう。

 ただし、中学レベルの英単語には時間をかけないでください。
 今後、英文読解問題をやっていけば、おのずと覚えていきます。

 上記の基礎学習に加えて、さらに長文読解をすることによって、TOEICや大学受験などの試験で重要なリーディング力の基礎をつけることが出来ます。

簡単な単語帳で英文読解に慣れる

 上記二冊を終わらせれば、ひとまず中学レベルの英語を読むことが出来るようになります。
 英語の基礎の基礎、土台部分が完成したことになります。

 しかし、上記二冊だけでは、どうしても英語長文の参考書をバリバリ読めるだけの語彙・単語力がカバー出来ません。

 そこで、くもんを終わらせたら、次はちょっとレベルをあげて速読英単語 入門編に挑戦しましょう。

 付属のCDも必ず買って下さい。

 速読英単語 入門編は大学受験参考書の中でも難易度の高いZ会という出版社が出している単語帳です。

 レベルとしては高校1年生~3年生レベルの単語が乗っています。
 特徴として、英文を読解しつつ、その英文に出てくる英単語を覚えるという長文読解を基本とした単語帳であることです。

 英語長文といっても、文法的な難易度は低いので、くもんの中学英文法をやっておけば十分に理解出来るレベルです。単語帳の付録に英文の文法メモものっているので、文法でつまづく心配はないでしょう。

 速読英単語 入門編は必ず付属CDを利用して、音声を聞きながら英文を追って下さい。
 一回目はCD無しの黙読でOKです。

 単語の意味をひと通り見て、英文の訳も頭に叩き込んだ二回目の時にCDを流してリスニング能力も鍛えてしまいましょう。

 単語は目だけでなく耳で覚えることも大切です。
 速読英単語 入門編は単語力だけでなく英語読解、リスニングもカバー出来るので、非常に有効な単語帳です。

中学レベルの英語だけでTOEIC500点を狙える

 これらの中学英文法を理解し、単語を学べばTOEIC500点前後まで伸ばすことが出来ます。
 まったく勉強していない状態だとTOEICの点数は200点~300点ですから、中学校で学んだ英語がいかに大切か分かります。

 また、英語学習では難易度の高すぎる参考書を使うと、単語を調べるために英和辞書を引くばっかりで疲れてしまい、学習が効率よく進みません。
 6割~7割理解できるレベルの参考書を選ぶことが大切です。
 どんなに英語が得意だったとしても、英語学習のブランクが空いているのであれば、パパっとでいいので中学レベルの英文法をしっかり確認することが大事です。

 中学英文法には、makeやhaveの使役動詞(~させる)としての意味など、英語に必須の超重要ポイントがたくさんあります。
 その使役動詞も、基本の文型が理解出来ていないと、訳がわからないものになってしまいます。

 英語は数学と違い、思考よりも暗記が重視される科目です。
 考えても分からないものは分かりません。使役動詞の例のように、基礎が抜けていると、思考の迷路にはまりがちです。

上記参考書をしっかりやれば簡単な英会話が出来る

 中学レベルの文法と単語を終えれば、簡単な英会話が可能になります。

 ここでオススメなのが、オンライン英会話の無料体験レッスンを利用して、実際に英会話をやってしまうという学習法です。
「まだ英会話なんて出来ないよ!」

 と言わずに、ぜひチャレンジしてみましょう。
 英語はまず喋って使ってみなければ効果を実感出来ないものです。また発音やリスニング能力、英会話における言い回しなどは、実践の場で使うことにより磨かれていきます。

 英語圏の人と会話が出来る、ということが実感出来ると、英語学習がグンと楽しくなるので、ぜひ中学レベルの英語学習を終えたタイミングでオンライン英会話に挑戦してみることをオススメします。

 なぜ英会話教室ではなくオンライン英会話なのかというと、英会話教室だとグループレッスンになってしまい、いまいち効果が薄いからです。
 初心者であればあるほど、マンツーマンでしっかり英会話をしないと「英語が通じた!」という実感がわきません。

 また周りに人がいると、英語初心者は自分が出来ないことを恥ずかしがって、発言が出来なくなってしまいがちです。
 かといって、マンツーマンレッスンは高いですし、無料体験レッスンもほとんどがグループレッスンです。

 オンライン英会話ならば無料体験レッスンもマンツーマンですし、ビギナーであることを伝えておけば、講師もゆっくり簡単な英文で喋ってくれます。

 オススメのオンライン英会話はDMMオンライン英会話です。

DMM英会話


 登録するだけで無料体験レッスンが出来る上に、値段も英会話教室よりずっと安く、気軽に英会話を体験することが出来ます。
 また親会社であるDMM.comはウェブ系の会社なので、ウェブ教材の使い勝手も良く、システムも非常に安定しています。

 意外とオンライン英会話はウェブ教材がスクロールしにくい、見にくいといった難点がある企業が多いので、そこをクリアしているところは好感がもてます。

 オンライン英会話を展開している会社は多いですが、価格、使い勝手、講師の質などを総合的に考えると、私の経験上DMMオンライン英会話が一番ベストだと思います。

 英会話は英語学習において皆さんの想像以上に大切です。
 受験用、TOEICの点数アップ、趣味など英語を学ぶ理由は人それぞれですが、ぜひ早い段階で英会話で実際に英語を使ってみてください。

 しっかり基礎を築いておけば、こんなに喋れるのか、伝わるのか、という感動を味わうことができ、英語学習の大きなモチベーションになりますよ。

 英会話を取り入れて英語力をあげる方法は、下記の記事でも特集しているので、ぜひ参考にしてみてください。
www.hazimetetensyoku.com

 語学留学なら格安でマンツーマンレッスンが受けられるフィリピン留学がおすすめですよ。
www.eigobenkyouhou.net

 英語といえば、外資系企業への就職・転職にも必須です。
 外資系企業への転職やメリット・デメリットは下記の関連記事を参考にすると良いでしょう。

www.hazimetetensyoku.com

www.hazimetetensyoku.com