英語勉強法の大辞典

英語の効率的な勉強法や語学留学の情報を書いています。

カナダの語学学校に1年行きたいけど貯金がない人にオススメの留学は「セブ島で3ヶ月英語を学んでからカナダワーホリ」

f:id:moguhausu2:20151124135147j:plain
 カナダの語学学校って高いですよね。
 先進国だけあって、語学学校の費用も生活費も日本と同じかそれ以上。
 1年間、カナダ現地の語学学校に行こう! となると、なんと必要な費用は200万円以上!

 100万円貯金するのだって精一杯なのに、200万も貯金が必要なんて、ちょっと厳しいですよね。

 それでも、ネイティブ・スピーカーに英語を習って、本格的な英語力をつけたい! 1年間、カナダで勉強したい! という方にオススメなのが、この留学ルートです。

1:セブ島に1〜3ヶ月語学留学(費用20万)
2:カナダ現地の語学学校1ヶ月〜2ヶ月(費用20万)
3:カナダ現地でワーホリ。働きながら生の英会話を勉強する(費用:給料とトントン)

 この留学計画なら、貯金100万あれば余裕。やりくりすれば50万以下でもカナダ留学が可能です。

 実際に私の知人が、貯金40万でこの留学計画を成し遂げていましたから、間違いありません。

 詳細を見ていきましょう。

続きを読む

一番安い語学留学はフィリピン留学(セブ島留学)!留学費は1ヶ月10万円以下、お金が無い人でも手軽に英語を学べます

f:id:moguhausu2:20150717110643j:plain
 語学留学をしたいけど、貯金が少ない。
 とてもアメリカやカナダ、オーストラリアに語学留学は無理。
 ワーホリ前に短期の語学留学したいけど、お金がない。

 そんな人におすすめなのが、フィリピン留学です。

 フィリピンは東南アジアの国の中で、最も英語の普及率が高く、国民のほとんどが英語を喋れる英語大国です。
 さらに物価が安く、日本から近いため「安くて本格的に英語が学べる語学留学がしたい!」という人に人気の留学先になっています。

 実際、私もフィリピン留学を半年ほど経験したことがあるのですが、片道5時間で到着。距離で言ったら沖縄並みです。
 さらに1ヶ月の生活費・学費あわせても10万以下と、語学留学をしているのに日本で暮らしてる時の生活費より安い…という不思議な現象がおこってしまうくらい、フィリピンは安いです。

「でも、フィリピンは安い分、治安が悪いのでは?」
「英語の発音が悪いのでは?」
「先進国じゃないから不安!」

 そんな不安の声もあると思います。
 今回は、フィリピンに留学した経験のある私が、一番安い語学留学であるフィリピンの魅力について紹介します。

続きを読む

英語長文の読解にはandやorなどの接続詞に気をつけよう。英文読解のコツ

http://www.stamp-en.com/system/img/item/20080307154642vvuO.jpg


英文読解と言っても、どのレベルの文章を読むのかによっても対策方法は異なってきます。
比較的読みやすいシンプルな文法構造のセンター試験などの長文読解であれば、いかに早く読めるか、というところがミソになってきます。
一方で、有名国公立大学の二次試験レベルの少し難しめの文章であれば、スピードもそうですがまずは読めるようにならなければなりません。
今回は後者の、少し複雑な文章を読むにあたってのポイントや、勉強法についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

電車の中で勉強する際にオススメのTOEIC参考書。会社でTOEICを受けるように言われたらコレを使おう!

【時間がない! 移動時間で学ぶTOEIC】

社会人の方との会話で少なからず耳にするのが、「会社で突然TOEICを受けるように言われた」ということ。英語関連の仕事じゃなくても受けなければならないのだから、本当に英語が必要な時代になってきているのですね。学生時代と違って、働きながら勉強するのはさぞ大変だろうと思います。

平日は疲れて勉強する気になれない、でも土日もしっかり休息したい…。いつ勉強したらいいのか? 別の記事で、TOEICは本番同様にトレーニングしたほうがよいと書きましたが、毎回120分まとめて時間が取れることはなかなかないでしょう。

そこで、忙しい方でも空き時間や移動時間で気軽に取り組めるTOEIC対策本をご紹介します。

続きを読む

オススメのTOEIC対策本。試験問題に一番近いTOEIC問題集はどれ?

【TOEIC対策本はどれを選んでも同じか?】

TOEICを受けるための準備としてもっとも大切なのが、「本番に近いかたちでトレーニングする」ということです。何の試験でもそうかもしれませんが、TOEICではこのことは特に当てはまるでしょう。

なぜなら、(1)TOEICは試験問題を持ち帰ることができない。英検のように過去問も公表していない。したがって自分の記憶力と、TOEICに類似した参考書や問題集で対策するしかないということです。

そして厄介なのが、(2)TOEICの関連書籍が多すぎるということ。どれを選んでもいいとは言えないこと。
TOEICの参考書を選ぶときには少し注意が必要なのです。実はTOEICとは名ばかりで、まったく実際の傾向を無視して作られている問題集もあるということをご存知ですか…? 「TOEICではこういう問題は絶対に出ないだろう」いうのも中にはあるのです。

ですから、本当にTOEICを研究して出されている方の本でなければ信頼できません。

今回はTOEIC対策本のオススメを紹介します。

続きを読む

TOEICリスニングのPart2対策のコツ。疑問詞を聞き取れば答えがすぐ分かる!

【TOEIC part 2の攻略方法】
TOEICリスニングセクションでもPart 1と並んで比較的易しいと言われるPart 2。短い会話のやり取りで、基本的には質問とその応答文です。質問となる疑問文をある程度聞き取ることができれば、正解を選べることがほとんどです。最近の傾向では必ずしも簡単とは言えず注意が必要ですが、まずは基本の解き方から見ていきましょう。

【全部を聞き取らなくても正解できる?】
このセクションでは「ここを聞き取れば高確率で正解を選べる」というポイントがあります。それはどこでしょうか。
例えば次のような問題です。

Q. When does Stan start his new job?
(A) At the beginning.
(B) The old one.
(C) Newt week.

答えはもちろん(C)ですが、これを選ぶのには文頭の疑問詞”When”を理解していれば十分です。
「いつ」と聞かれたのですから、「時間・時に関する語」で答えるのが自然ですね。

続きを読む

TOEICのリスニングPart3対策のコツ。問題文を先に読むテクニックでスコアをアップしよう!

【TOEIC part 3を攻略する2つのテクニック】
TOEICのPart 3、Part 4 は苦手意識のある人が多いパートです。今回はそういった受験者の方の負担を減らすため、Part 3 解答のコツをご紹介します。

私の場合は、次の2つのテクニックを使ってこのパート攻略しました。

(1) 尋ねられる疑問文のパターンを事前に覚えておく
(2) 問題の先読み

詳しく解説していきますね。

続きを読む